【オススメ】 小倉孝俊/生と死のキョウカイ


生と死のキョウカイ 1 (ヤングジャンプコミックス)

■【オススメ】輪廻や神の教えを問う深い話を ファンタジーという立て付けで描く。

魔王がおり冒険者がいる世界。 冒険者は死ぬが、教会では蘇生されることが可能。 ただし、蘇生には前提がある。 聖教徒と司祭、蘇生士の三者が審判して合意すること。 蘇生されるのは魔王討伐を誓った冒険者のみ。 そして12回までという蘇生限度もある。


ゲームでよくある場面を、これってでもどうなの? という視点を足して描くお話。 ギャグやパロディ寄りなのか、よくわからぬまま 当初の話は展開していくのだが、これは、 がちがちに設定された世界の一部を切り取って 一話完結で描いているから。後半になると、 だいぶ雰囲気が変わる。


主人公は聖教徒の女性。教え、信仰に忠実。 頭は硬く、とはいえ情に流されがち。 埋葬派であり、彼女が主張を強くすると、 教会の計画どおりに物事が進まなくなるという面も。 すれていない彼女の面倒くささが及ぼす 影響を描く話か、と思っていたら、 彼女が世界の裏側を覗く話になっていき、 深みが増してきた。


信じているものは真実なのか、 そもそも真実とは何なのか。 この手の話は現実世界を舞台に、現実的な もので描くと支障があるので、 こうしたファンタジーの世界の中で やるのがベストなのだろう。 まぁ、そういう話だけになっていくと、 この後の展開がしんどくなるので、 どうバランスさせていくのかな、というのは気になるけれど。


【データ】
小倉孝俊
生と死のキョウカイ
【発行元/発売元】集英社 (2018/5/18) 【レーベル】ヤングジャンプコミックス ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 生と死のキョウカイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
魔王・勇者・冒険者、そして世界に欠かせない存在「教会」。教会は、冒険者に蘇生と魂の安らぎを提供する場所である。エラゴサットの教会に勤める聖教徒のエステルは、蘇生によって死を繰り返す事になる冒険者たちの魂が本当に救われているか気がかりだった。蘇生士・ハッツと司祭・クマの、この3人の合議により、今日も冒険者の運命が決まってゆく──。



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 マツキタツヤ、宇佐崎しろ/アクタージュ act-age


アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックス)

■【オススメ】天性の俳優を描く話。 描き方がシンプルでストレート、 読みやすい。一方で巻末に見る今後の展開には不安もあるが・・・。

大手芸能事務所の俳優発掘オーディション。 その女優部門第5次演技審査で審査員の男は ある女の子に目が留まる。芝居未経験者なのに、 なんでそんなことができるのか、と。 しかし他の審査員にはわからない。そこで彼は 彼女に声をかける。「バカでも分かるように演じろ」と。 すると彼女は一瞬で涙を流した。


天賦の才を持つ、生まれながらの女優の話。 彼女は結局オーディションには不合格となる。 それは事務所の女社長の方針。 元天才女優であるらしい社長は精神を病んだことがあり、 メソッド演技を極めているヒロインの芝居は危険で いずれ身を滅ぼす、自分の事務所は誰も不幸にしない、 としてヒロインを拒絶する。


それでは話が進まないので、オーディションのとき ヒロインに目をつけた男性が登場。 彼は外国の映画賞を総なめした監督であり、 彼女のような俳優を探していたのだと。 思い出をベースにメソッドで演技をする彼女に、 もう一歩先に進めるため、CMを用意し、 さらにはエキストラとして他人の作品に送り込む。


監督とヒロインと、ふたりとも傍若無人な感じで なかなか無茶苦茶で面白い。 かわぐちかいじ氏の「アクター 」の時に近いハチャメチャだが読ませる迫力。 とはいえ巻末では他の若手役者たちが集まり 役柄争奪戦バトル的な展開が始まっており、 その手の展開に陥る集英社作品を信頼できるのか? と不安感を煽って終わる点はなんとも・・・。


【データ】
原作=マツキタツヤ、漫画=宇佐崎しろ
アクタージュ act-age
【発行元/発売元】集英社 (2018/5/2) 【レーベル】ジャンプ・コミックス ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックス)
女優を目指す女子高生・夜凪は有名芸能事務所スターズのオーディションで天才的な芝居をするも不合格。それは彼女の危険な演技法に理由があった。しかし、夜凪の才能に魅せられた映画監督・黒山が役者の世界に誘う!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 森長あやみ/みっちゃんとアルバート


みっちゃんとアルバート 1 (バンブーコミックス)

■【オススメ】異世界生物との同居コメディ4コマ。 不条理に頼るネタもなく非常にオーソドックスで安心安全。

寝坊して大学に向かっていた女子大生は、通学途中に 宇宙船にアブダクションされる。 くまのぬいぐるみのような宇宙人は、 地球の生活に興味があり、ホームステイさせてほしいと申し出るのだった。


早々に宇宙船が壊れてしまい、 それなりに宇宙グッズが登場するものの さほど活躍場面は多くなく、 なのでSF風味なネタは正味少なめ、 あってもパロディ的なツッコミ待ちの使い方で コントの道具的あり方のよう。


一方でしゃべるぬいぐるみが外出するための手段として、 ゆるキャラに応募し受賞するという展開を持ち出してきたのは 設定とあわせてユニークな落とし所。 女子大生と仲の良い後輩には宇宙人であることは バラしつつ、ということで、部屋に閉じこもるしかない 展開は回避している。


その上で展開するのは、宇宙人が 地球の日本文化に触れることによるカルチャーギャップ、 カルチャーショックネタ。 ヒロインが適度に血と涙がない感じがよろしい。


【データ】
森長あやみ (もりながあやみ)
みっちゃんとアルバート
【発行元/発売元】竹書房 (2018/5/17) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ みっちゃんとアルバート 1 (バンブーコミックス)
あなたはSFギャグコメディと遭遇する――クマ★ 大学生の花室みつこは、ある朝UFOに連れ去られる…! そこで出会ったのは、惑星クマラジューからやってきたというクマ型宇宙人のアルバートだった。 地球に興味があるアルバートにホームステイを迫られ しぶしぶ自宅に連れて帰ることになり…!? 新進気鋭の作家が描くエイリアン・ミーツ・ガール待望の第1巻!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 鈴木マサカズ/マトリズム


マトリズム 1

■【オススメ】麻薬を扱いつつ 淡々としているのが個人的には逆に興味深いが、 主人公のキャラクター設定が雑に見えるのは難点。

彼女を待っている学生の部屋に 目つきの悪い男性二人がやってくる。 彼はインターネットで大麻を仕入れて 大学で転売して儲けていた。 男たちはそれに目をつけてやってきたのか・・・。 そう思った学生の考えは、 半分は当たり、半分は外れだった。


マトリは麻取、麻薬取締官のお話。 ということは一話目はわからずに読んだほうが面白い。 とはいえ単行本の紹介でそういうわけにもいかないので、 これは雑誌用一話試読用の捨てネタと考える他ない。


以降は麻薬取締官を主人公に、 取り締まられる側のエピソードを描いていく。 目的は薬物蔓延の阻止、しかし売人を挙げるとなると 被害も相応にないとならないわけで、 というジレンマ。そもそも麻薬について それを取り締まるということが本当に社会にとって 有用で機能しているのかは議論もされており 現行のスタイルはベストでもベターでもない、 ということは分かっている。そこまで話が踏み込むのであれば 面白いが、今の所一巻時点ではそんな素振りはない。


取締官が粗暴、というキャラクターづけは安直。 その裏には過去もあり、警察視点でない優しさもある、 という設定のようだが、一見すると雑。 実は警察ものの作品は そんな人物ばかりが出てくるのがフィクションの世界の 常態になっており、いいかげん食傷気味でもある。


出てくるエピソードが、安易に手を出せる環境ばかりで、 そんなものなのかと思いもするが、 まぁある意味、クスリが近いところはこんなもの、 遠いところは物語世界から疎外されているので出てこない と考えれば妥当か。クスリの怖さを描かれていない、 という意見は、ホラーものを見たい人からすればそうなのだろう。 本作の趣旨がそこにあるなら確かに描写不足。 一方で麻薬取締が何を目指しているのか、まで 描きすすめられるのであれば、違う世界が見えてくる感じはする。


新刊3巻発売済→ マトリズム (3) (ニチブンコミックス)


【データ】
鈴木マサカズ (すずきまさかず)
マトリズム
【発行元/発売元】日本文芸社 (2017/11/20) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ マトリズム 1

誰もがみんな、“あちら側”に墜ちる可能性がある。 覚醒剤、大麻、MDMA… 一度薬物の餌食になった人間は、決して引き返せない道を往く。
あらゆる薬物犯罪を、追って暴いて捕まえる二匹の猟犬。 彼等の職業は麻薬取締官、通称「マトリ」。 草壁と冴貴、二人の捜査を通じて現代社会の深き闇を抉り出す! 衝撃の薬物犯罪ドキュメントが登場!!


■当サイトの著者他作品レビュー
押川剛、鈴木マサカズ /「子供を殺してください」という親たち
鈴木マサカズ/町田ほろ酔いめし浪漫 人生の味
【オススメ】 鈴木マサカズ、関根眞一/銀座からまる百貨店お客様相談室
【オススメ】 鈴木マサカズ/最果てのサイクロプス
【オススメ】 鈴木マサカズ/七匹の侍
鈴木マサカズ/ラッキーマイン
【オススメ】 鈴木マサカズ/無頼侍

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 久世番子/宮廷画家のうるさい余白


宮廷画家のうるさい余白 1 (花とゆめCOMICS)

■【オススメ】スペインの宮廷画家を描く、 適度な軽さに人生の重みも加えた佳作。

画家のもとで働く弟子が狂言回しとなり 語る話は、大臣の推薦で国王陛下の 肖像を描くことになった師匠の物語。


設定は17世紀のスペインの宮廷画家をモデルに、 ふたことめにはカネ、というが腕は確かな 主人公。彼が、多忙で時間のとれない 国王を描いて宮廷画家となれるのか、 という話から。まぁ内容的に なれないと題名が成立しないわけなので 回答が想定される設問なわけだが。


更に大きな物語として、 どんな肖像画も気に入らない王女の話が 軸に。これを中心に展開していくのか、 と思ったのだが、割と早々に なぜ彼女がそうした行動に出るのか、 が明かされていく。この辺は、 もっともったいぶっても良さそうなところだが、 惜しげもなくころころと転がしていく。 このテンポのよさ、きっぷのよさは、 素晴らしい。


作中では著者自身から笑い出すこともなく、 番外編のエピソードもちょっとイイ話。 そしてあとがきで最後に笑いをとって、 いや、これは上手に仕上がった。 しらけず、ふと現実に戻らない、 絶妙なかげんの雰囲気もの。


【データ】
久世番子 (くぜばんこ)
宮廷画家のうるさい余白(ブランカ)
【発行元/発売元】白泉社 (2018/5/18) 【レーベル】花とゆめコミックススペシャル 【発行日】2018(平成30)年5月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 宮廷画家のうるさい余白 1 (花とゆめCOMICS)
バロック期、スペイン王宮…宮廷画家に登用されようと、王宮を訪れた青年、シルバ・ベラスケス。そこで彼が出会ったのは、自らを描いた肖像画を切り裂く少女、イサベル姫。どんな画家が描いた肖像画も気に入らないという彼女の心中は…? 久世番子が鮮やかに描き出す、スペイン王宮絵画物語、開幕!


■当サイトの著者他作品レビュー
久世番子/パレス・メイヂ
久世番子/神は細部に宿るのよ
久世番子/私の血はインクでできているのよ
【オススメ】 大崎梢、久世番子/配達あかずきん 成風堂書店事件メモ
久世番子/暴れん坊本屋さん

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 星野真/男子の品格


男子の品格 1 (サンデーうぇぶりSSC)

■【オススメ】 高1の弟が女装して学校へ。 弟がおかしい?と思ったら、彼の通う学校がおかしいのだった。 ・・・まぁ弟もおかしいのだが・・・。

高2の姉は夏休み明けの新学期、一つ下の 弟が女装して学校に向かおうとしていたことに気づく。 弟は、校則が変わって今日からウチの男子校は 全員女装だという。そんな嘘、と思ったが、 弟に同行するとたしかに登校している生徒たちは みな女装をしているのだった。


元進学校も荒れた状況、それに対して限界を越えた教師 が切れ、そこに真面目な弟が風紀委員長を頼まれた、 という展開。それが何故か男に女の子になりきってもらう ことになり、弟も人に頼まれたことが嬉しくてノリノリ で協力するという、ねじれたファンタジーである。


以降は、天然っぽいので丸め込まれた 弟クンが、実は相当な天然さゆえにたらしキャラで、 女性教師陣が陥落していくという転がり方。 ある種のハーレム漫画じゃないか、と思いつつ、 その弟クンが淑女らしさを目指しているという バカげたツイストがいい感じで話を複雑にしており、 くだらなく楽しい。


まっすぐな人物を中心に据えた 気の狂った話は面白い。


【データ】
星野真 (ほしのまこと)
男子の品格
【初出情報】サンデーうぇぶり(2018年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/5/11) 【レーベル】サンデーうぇぶり少年サンデーコミックス 【発行日】2018(平成30)年5月16日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 男子の品格 1 (サンデーうぇぶりSSC)
男子が主役で百合…?な学園コメディー!
主役、男子。 ジャンル、百合………?
「今日からウチの男子校全員女装!」 強制的に全男子生徒が女子の制服で過ごします。 『こんな学校嫌だ!…でも…あれ…?なんか楽しそう…』 と何故か思えちゃうかもしれません。 何故ならこの学校の人々は皆、愛おしいほど真剣だから。 異常な日常の男子校学園コメディー、開校です。



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 三枝えま/我楽多郷の借金ガール


我楽多郷の借金ガール(1) (シリウスコミックス)

■【オススメ】少女ヒロインの借金返済もの? と思ったが、表紙絵の通り捻った内容で 想定と違い面白い異世界ファンタジーだった。

ヒロインの女子高生は追っかけをしていた アイドルの熱愛発覚報道に、グッズを 売ることを決意する。しかしゴシップの おかげで買値がつかず。そこで ふと見つけた自動査定機に放り込むと 支払われたのがわずかに2円。 なんで!グッズを返して!と自分が中に 入り込むと、出た先は異世界だった。


ケモノミミの人間が、おおきなアメンボの ようなものを狩っている世界。 いろんな世界のガラクタが集まって売買される 我楽多郷というところであるらしい。 日本語が共通言語、ただし文字は異世界の ものなのでヒロインには読めない。 不法に来る者も多いので異民税がかけられており 一人1000万円の容易が必要。 なお日本のガラクタは評価が高い、という 様々な条件設定は主人公に有利なものになっているが、 この手の異世界ファンタジーはハードSFのようなものなので 特に違和感はない。


面白いのは巻き込まれパニックもの設定ながら 主人公が極めてポジティブ、かつすぐ状況に馴染むこと。 日本人、という利点を活かし、皆が使いかたも 文字も読めないものを彼女が次々解明翻訳することで ガラクタをばんばん売りまくり、 襲ってくるアメンボもガラクタと知識を駆使して 退治するという、なんか凄い話が展開されていく。


ヒロイン無双な話だが、スピード感があってメチャクチャ面白い。 題名から想像する話と違い、ガンガン稼ぐぜ!という テイストに魅力を感じた。


【データ】
三枝えま (さえぐさえま)
我楽多郷の借金ガール
【発行元/発売元】講談社 (2018/5/9) 【レーベル】シリウスコミックス 【発行日】2018(平成30)年5月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 我楽多郷の借金ガール(1) (シリウスコミックス)
ドルオタ女子高生・ミワが転移した先は、さまざまな世界から集まるガラクタを売り買いする不思議な異世界!?突如として借金1000万円を抱えることになったミワ。収入源になるガラクタの入手方法は怪物を倒すこと!元気と推しへの愛だけがとりえのミワが、怪物をさばいてガラクタを売りさばく、ドルオタJK流・異世界サバイバル借金生活…!



■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/322PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM