【オススメ】 多田基生/やわらかな鋭角


やわらかな鋭角 1【電子限定特典つき】 (it COMICS)

■【オススメ】 この作品が描くのは、信仰か、願いか、救いか。 どこまで踏み込んで描くつもりなのか。

週刊誌記者が追っているスクープは 大河俳優が新興宗教に入信しているというもの。 その現場に潜入すると、 かつて起こった大火災の生き残りの子が 御神体として崇められていることに気づくのだった。


このネタを深掘りしてまたスクープにしようと 考える記者。信者に接触すると、信じると神様が 願いを叶えてくれるのだといい、教えてくれた エピソードは実際にその信者の願ったとおりに 事態は進行していた。


そこに気味の悪さを感じながらも、 読者が求めるストーリーに合致している、 売れるとばかりに取材を進める主人公。 それに対して火災事故を目の当たりにした先輩記者が言う。 「他人のことを調べて書いて飯を食うには無痛でいることだ 他人の痛みに対して鈍くなくちゃいけない ・・・そして 自分の痛みにもだ」


実は主人公の記者も家族に問題を抱えている。 それに目をつぶってきたが、そうもいかない事態が起こる。 一方で、生き残りの御神体のほうにも新たなことが。 ・・・オカルト的な展開に進むのかな、これ。 というのが若干気になるところだが、 不安と痛みを描く内容は興味深い。


ジャーナリストはその仕事の果に 自殺するか狂うかくらいでないといけないのではないか。 そうした葛藤のない記者はすぐに筆を折るべきである。 と考える身としては、先輩記者の発言は腑に落ちた。 まぁでも商売としてのジャーナリストは そんなこと考えもしないのだろう。していたら ツイッターで脳天気にバカを晒したりはしないだろうから。


【データ】
多田基生
やわらかな鋭角
【発行元/発売元】KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017/12/15) 【レーベル】it COMICS 【発行日】2017(平成29)年12月15日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ やわらかな鋭角 1【電子限定特典つき】 (it COMICS)
十二年前に起きた、大規模な火災事故。 その事故で生き残った女子中学生が、ある宗教団体でご神体にされているという噂があった。 噂の真相を暴こうと週刊誌記者の渡辺は、宗教団体を調べていくうちに信者から、 どんな願いも叶えてくれる“神様”の話を聞く。 「神様にお願いしたんです、婚約者を殺してやりたいって――。」 信者の妄想だとあざ笑う渡辺。 しかし彼の運命の歯車は、すでに“神様”によって狂い始めていた…。 “神様”とは一体――…?


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 夏緑、ちくやまきよし、杉本彩/しっぽの声


しっぽの声(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】ペットを飼う、ということを シビアに扱った硬派な作品、なのだが 漫画としては非常にこなれており読みやすい。

窓の割れた家から外へ出ようとする犬たち。 そんなシーンから始まる物語だが、 犬目線の話というわけではない。 アンモニア化した糞尿の匂いが道路まで漂ってくる件の家。 その家は息子が動物の通販サイトを運営しており、 しかし犬が売れなくなったことで劣悪な環境で 放置されていた。そんな息子をかばいつつも もう限界で実際は助けを求めたい母親。


そこに動物愛護団体の女性と連れだち、 獣医師がやってくる。しかし中には入れない。 そこへ、 不法侵入も気にせず入っていく男が現れる。 その人物は動物愛護団体の人間曰く、 「お金持ちのおばあさんを騙して手に入れたお金で、 動物保護シェルダーを騙った施設を運営して・・・ 保護した動物を売りさばいたり、寄付金を騙し取っているそうです!」


偽悪的な人物を主人公にして、シリアスな 題材をシビアに描いていく作品。 主人公は評判は悪いが、真摯に動物のことを考えている。 一方でエリート獣医師は理想を振りかざしつつ、 その実現に邁進している。坊っちゃんではあるが 行動力はあり、この両者のバディものという形で 話は進んでいく。


そこから浮かび上がるのは、ペットの現実。 飼育崩壊したアニマルホーダー、 保健所で殺処分される動物。 注射による安楽死のほうが人道的だという主張や、 野良猫を捕獲し不妊・去勢手術を行って地域猫と して管理していくTNRなど、理想のような話は 結局は対処療法にすぎず現実を直視していないということ。


作品の肝は、「地獄への道は、無責任な善意で舗装されている」 というメッセージ。これでもって話を描いていくとなれば、 読んでいて心地の悪くなる人もいるだろう。 しかし、そういう人ほど読むべき作品と思われる。


【データ】
原作=夏緑、作画=ちくやまきよし、協力=杉本彩
しっぽの声
【初出情報】ビッグコミックオリジナル(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/12/27) 【レーベル】ビッグ コミックス 【発行日】2018(平成30)年1月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ しっぽの声(1) (ビッグコミックス)
動物の悲鳴に耳を傾けて!!!
繁殖業者、生体展示販売、引き取り屋、殺処分………… ペット流通において、 その命はどのように扱われているのか。 誰かと共に生きたくて、 生まれてきただけのペットが 我々の想像を超える状況に置かれていることがある。 声なき声に、 力を与えるも 殺すも人間。 アニマルシェルターの所長を務める天原士狼と 獣医師の獅子神太一は厳然と立ち向かう――


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 夏緑、菊田洋之/らせんの迷宮−遺伝子捜査−
夏緑、なもり/ぷいぷい!
【オススメ】 夏緑、祥寺はるか/風水学園
寺島優、ちくやまきよし/常夏食堂ナンクルナイサ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 夏原武、水野光博、大谷アキラ/正直不動産


正直不動産(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】やりての不動産営業マンが 呪いの影響で嘘をつけなくなる、という設定で 押し通していく話はユニーク。

女性をマンションに呼びつつ、次はもっと眺めの良いところに 引っ越す、と景気の良い話をする主人公。 羽振りの良い彼は、不動産会社の副課長というポジション。 トップセールスマンとして部長の座も目前。 そんな彼のセールストークは、本人曰く 嘘で塗り固めたもの。そう、夢を持っているらしい新卒新入社員を前に 言い放つ。


そんなやり手の営業マンが、地鎮祭を行う土地に 祠と石碑が残っているのに激怒、客がこれを見て テンションが下がる前になんとかしたい、と自らスコップで これを壊す。しかし、それ以来、彼に異変が。 嘘をつくことができなくなってしまうのだった。 しかも彼はもとから一言多い。なので、言わなくてもよい 真実の言葉が口から出てしまう。


騙す仕事で、嘘がつけなくなった者が生き残れるのか? というお話。不動産周りのお勉強をするには良い入り口となる 作品かもしれない。ちなみに、主人公の成績はやや後退。 ただし底辺まで落ちるというわけではない。 以前の自分のような凄腕の営業マンが新たに入社してきており、 その人物が抜群の成績を残すという対比。


その一方で、 主人公は新卒の子の指導役を任されてもおり、 理想と希望に燃える彼女とのバディものという面もある。 この新人を、単なる薄っぺらい理想ではなく、 自身の経験を踏まえた上でカスタマーファーストの 不動産取引をしたい、と考える人物としたことで 話に深さが加わった。実際、彼女は知識もあるし 知恵も絞り、長いスパンで考えて物事を提案する、 ということで主人公の横にいる単なる脇役ではなく、 主人公にも影響を及ぼす存在となりつつある。


仕事と物語と双方の面白さを描く作品。 ただ仕事や業界の素晴らしさを称揚する類い ではないので、他にはなかなか出てこない 稀有な存在となるだろう。 不動産業がすべて悪だとは思わないが、本来NGのはずの 両手取引が当たり前の世界ではこの本に言い返せる人は少ないのではないかと。 なお小説ではもっとシビアな実態を描いた本が いくつかありますよね。


ちなみに、不動産業なんて、それこそAIとか機械化とかで なくなってしまっていい仕事ではあるのだろう。 仲介業すべてがそもそもそういう性質。 買い手と売り手とがなかなか結びつかないものの仲介は 商売として残るだろうが、不動産はそうではないからねぇ。


【データ】
原案=夏原武、脚本=水野光博、大谷アキラ
正直不動産
【初出情報】ビッグコミック(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/12/27) 【レーベル】ビッグ コミックス 【発行日】2018(平成30)年1月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 正直不動産(1) (ビッグコミックス)
不動産業界の闇を曝け出す皮肉喜劇!!
営業に必要なこと以外、客に見せも教えもしないーー そんな不動産業界に前代未聞の爆弾が、いま炸裂する!! 登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は 嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕だった。 だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、 嘘が上手くつけなくなってしまった…!! 千三つと言われる海千山千の不動産業界で かつての成績が一気に低下する中、 永瀬は、嘘が上手くつけない正直営業で苦戦するが…!? 不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃうニュー・ヒーロー、誕生。


■当サイトの著者他作品レビュー
大谷アキラ/ツール!
【オススメ】 藪野続久、大谷アキラ/LOST+BRAIN
五味一男、水野光博、田中克樹/超推脳KEI〜摩訶不思議事件ファイル〜
【オススメ】 黒丸、夏原武/新クロサギ 完結編
夏原武、盧美英 /ギャングスターズ
【オススメ】 夏原武、黒丸/新クロサギ
夏原武、石川雅楽/アカマクラ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 栗山ミヅキ/保安官エヴァンスの嘘〜DEAD OR LOVE〜


保安官エヴァンスの嘘(1) (少年サンデーコミックス)

■【オススメ】 裏側の事情を描かなければクールで頼りがいのある 保安官にみえる西部劇コメディ。

用心棒と対峙して相手を倒す凄腕のガンマンである保安官。 しかし彼が女を追っていたのはお尋ね者と知っていたわけではなくて 単に口説きたい一心だった。


保安官コメディ。彼はモテたい、というだけで保安官に なった人物。ただし凄腕。でもいまだに恋人なし、 という童貞コメディでもある。彼女欲しさに色々と 行動するが、保安官という身分が仇になる、という展開。 ただし、彼の心の声を聞かなければ、 ニヒルなヒーローの物語ではある。


このあと女性の賞金稼ぎが登場しレギュラー化。 こちらもうぶで、保安官同様に恋愛経験なし。 で、互いに憎からず思っており、相手の 行動次第では、というラブコメものに突入する。


思うようにならないが、それを表には出さず押し隠し、 表面上はシリアスに見えるよう取り繕っているという コメディで、くふくふと楽しめる。


続刊発売済→保安官エヴァンスの嘘(2) (少年サンデーコミックス)


【データ】
栗山ミヅキ (くりやまみづき)
保安官エヴァンスの嘘〜DEAD OR LOVE〜
【初出情報】週刊少年サンデー(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/9/15) 【レーベル】少年サンデーコミックス 【発行日】2017(平成29)年9月20日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 保安官エヴァンスの嘘(1) (少年サンデーコミックス)

「恋?愛?興味がないな」 …嘘だ。本当はモテたい。切実に。
強き者が掟であった頃、西の荒野のどこかで。 全ての犯罪者が最も恐れる保安官がいた。 彼の名はエルモア・エヴァンス。 超一流、西部最強のガンマンでもある彼は、モテたい。 幼少時から女性にモテたいと強く願い、 「ガンマンはイケてる」という(時折ゲスな)父の教えを学んだ。 だが未だに、恋人いない歴イコール年齢。 女性の前でついカッコつけてしまう彼は、モテないこともないのだが、 絶妙にうまくいかず、今日もモテる為に、祝福なき死闘を繰り広げてゆく。
だが彼の近くには、オークレイという賞金稼ぎの女性がいる。 エヴァンスのライバルで超一流の銃の腕前を持つが、 射撃一筋でまともな恋愛経験はない。生娘である。 お互いに相手が気になりながら… 「まあ、向こうにその気があれば別だけど」と思っているがっ!?


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 KAITO/青のフラッグ


青のフラッグ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】 ジャンプ系でたまにある青春恋愛もの、かと思いきや、 主人公が恋する話ではなく、更に別の要素まで突っ込んできたのは 確かに異色。

主人公は親友も恋人もいない、という高校生。となるとぼっちなのか? と思うとそういうわけではなく、一緒につるむ友人は普通にいる。 ただし進級して別のクラスに。そこで一緒になったのは、 小学校時代からの幼馴染。ただ相手はイケメン、リア充の男子。 しかし彼女はいない。そんな彼が主人公には割りと仲良く接してくる。


一方で主人公は、クラスのある女の子への態度が冷たい。 それは、鈍くさい彼女に自分自身を重ねてしまうから、だったりする。 そんな彼女が、主人公に相談を持ちかけてきた。 彼女は、主人公の幼馴染が好きで、近づきたいのだという。


青春ものではあるが主人公が恋愛するのではなく巻き込まれる 設定であるのは新鮮。とはいえ仲良くなる子に特別な感情を 抱くようになりそれから恋愛に、という展開になっていくことは 想像に難くない。一方で、何かと主人公を気にする幼馴染の 行動の理由が一巻巻末で仄めかされるのは、その方向を この話にツッコむのか!と驚いた。ただ、その先の展開を考えると、 要素は投下しただけに終わりそうな気もするのだが、 それでも、そういうことに触れる青春物語というのは、 いまどきらしいといえるのではないか。


最新3巻発売済→青のフラッグ 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)


【データ】
KAITO (カイト)
青のフラッグ
【初出情報】少年ジャンプ+(2017年) 【発行元/発売元】集英社 (2017/4/4) 【レーベル】ジャンプ・コミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 青のフラッグ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

人生の岐路に立つ高3の春――。一ノ瀬太一は、なぜか苦手と感じる空勢二葉、幼馴染でリア充な三田桃真の2人と同じクラスになる。ある日、二葉から桃真への恋心を打ち明けられ、協力してほしいと頼まれた太一は…!? 青春に染まりゆく3人の新“純”愛物語、開幕!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 KAITO/クロス・マネジ
>
■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 井上智徳/CANDY & CIGARETTES


CANDY&CIGARETTES(1) (ヤングマガジンコミックス)

■【オススメ】 少女と老人のバディもの。内容は、暗殺。

難病の孫のために治療費を用意したい元SP。 ただしコンビニバイトくらいしか働き口がない。 何か稼ぐ手はないか、というところで剣道柔道 拳銃が扱える人募集月100万支給、という広告を見つける。 古本屋の奥の隠し部屋で面接を受ける、 という怪しげな仕事は、実際、怪しいどころではなかった。


古本屋の店番の少女は、殺し屋。 その殺しの後始末と彼女のボディガードをするのが 老人に課せられた仕事。 ちなみに政府公認の暗殺組織、という仕組み。 政府や警察内部の要人が絡み法で手を出せない悪人を 法の外でやっちまおう、という組織であるらしい。


設定は乱暴。依頼主、金主は誰やねん。とはいえその辺も 丁寧に作りはするのだろう。 SPとして守っていた相手が殺す対象に回る。 敵は「会長」というワードをしばしば発しており、 これが敵の大ボスである。そうした 巨悪がいるという構図はオーソドックス。 しかしこういうオーソドックスな敵対構造でないと、 暗殺組織も成立しないだろうから、寧ろリアリティある 設定といえるかもしれない。


少女が殺し屋になった理由も一巻で明示されるのは 丁寧な作り。ただ、ここまで丁寧に作る必要が あるのだろうかという疑問もなくはない。 いや、設定としては必要としても、 読者に明確に示す必要はなく、寧ろ示すと 底が見えてしまい面白みが減少してしまうのではないか。 これは、そういう類の話ではないか。 そう考えると、語り口はこれでよいのだろうか。 と思いながら読んだ。


とはいえオススメするのは、少女と老人のバディもの、 という設定が芯を食ったものでありアピール力が強いから、 なのだろう。  続刊発売済→CANDY&CIGARETTES(2) (ヤングマガジンコミックス)


【データ】
井上智徳 (いのうえとものり)
CANDY & CIGARETTES (キャンディ&シガレッツ)
【発行元/発売元】講談社 (2017/6/20) 【発行日】2017(平成29)年6月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ CANDY&CIGARETTES(1) (ヤングマガジンコミックス)

定年を迎えた平賀雷蔵が再就職した先は、超高給! 秘密厳守!! 命の保証もなし!!! 謎だらけの仕事に向かった彼は、凄惨な殺人現場で一人の少女と出会う。彼女の名前は涼風美晴。政府公認の暗殺組織“SS機構”に所属する11歳の殺し屋である――。『COPPELION』の井上智徳が描く新境地! 手を血で染める不道徳クライムアクション、開幕!!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 井上智徳/COPPELION

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 餡蜜/高嶺の蘭さん


高嶺の蘭さん(1) (別冊フレンドコミックス)

■【オススメ】色々とスペックがついてはいるが、 本質的にはおくてな女の子の可愛いお話。

ヒロインは美人で勉強もスポーツも出来る。 それで無口なほうなので、高嶺の花扱いされて 男子からも勝手に距離を置かれがち。 そんな子が気になるのはクラスで人気の男子。 皆はそのルックスに注目するが、 彼女は彼の屈託のなさに惹かれていく。


という、まぁ、漫画らしいスペック設定だが、 本質は内気な女の子と、いい性格の男の子の 恋愛以前のお話。可愛らしくほのぼの。 二人を繋ぐのが花。彼女は園芸部で学校の花の世話をし、 一方の彼がいろいろ詳しいのは実家が花屋だから。


あとは二人が近づいていく話だが、 ヒロインは意識して遠ざけようとした瞬間もありつつ、 男の子のほうは自然体で接しており、 距離の縮めかたが極めて丁寧。


キャッチコピーどおり 「高嶺女子×お花屋男子のピュアストーリー」 以上の内容はないが、それでいい、それがいい。


【データ】
餡蜜 (あんみつ)
高嶺の蘭さん
【発行元/発売元】講談社 (2017/11/13) 【レーベル】講談社コミックス別フレ 【発行日】2017(平成29)年11月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 高嶺の蘭さん(1) (別冊フレンドコミックス)
勉強もスポーツもできてその上クールビューティーな蘭(らん)は、周りから“高嶺の花”と呼ばれ、一目置かれている。だけど同じクラスの晃(あきら)だけは、普通に明るく接してくれて…!? 高嶺女子×お花屋男子のピュアラブストーリー、第1巻!



■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/318PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM