【オススメ】 小田原愛/魔喰のリース


魔喰のリース 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】魔法をめぐるダークファンタジーとして読めば面白い。

顔にケガのある少年が唯一普通に接してくれた女の子、 その彼女を失った彼は、俺が必ず生き返らせてやる、と誓う。


という冒頭はありつつ、話は、王国の城下町で捜査官がまた顔のない遺体に 遭遇するところから始まる。今月に入り女性ばかり5人目だと。 更に場面は切り替わり、王宮に忍び込み倉庫からお宝を盗もうとする三人組。 しかし見回りの者に見つかってしまう。彼らが逃げるところで ぶつかった人物は、宝物のほか蘇生魔法の書を持っていた。そこに先の捜査官も 居合わせる。


冒頭の少年が盗賊の一人のようだが、しかし顔にケガなどはない。 彼は逃げる魔道士がかけた魔法を受けて喰らい無力化する、 魔喰という世にも稀な能力を持っているのだった。魔力を吸い取って喰うことができ、 それが彼にとってのエネルギー源であるらしい。 彼は、王宮に忍びこんだことを減刑してもらうかわりに、捜査官に協力することになる。


しかしその協力方法が、喰った魔力には味の違いがあり、それゆえ誰の魔法であるのか がわかる、というものなので、その操作方法は他人にはさっぱりわからない。つまり 読者は、ふーんそうなのね、と思うほかないので、要するに捜査もの推理ものとしては 読めない代物になっている。加えて、主人公を含めて3人組だったはずの登場人物が 早々に退場。捜査官とのバディものになったとはいえ、複線で物語を進めていけば いいのに勿体無い、というかこれは読者に対して失礼な展開ではなかろうか。


とはいえ魔法を喰い、その味見で誰のどんな魔法かを判定できるという能力は面白い。 巻末のエピソードは謎解きがありそうな展開で、でもまともに謎解きするとなると 主人公の特殊な能力は必要なくなってしまうので、となると本作は推理モノ展開を 期待すべきではないのだろう。 続刊リリース済→魔喰のリース 2 (ジャンプコミックス)


【データ】
小田原愛 (おだはらあい)
魔喰のリース
【発行元/発売元】集英社 (2017/3/3) 【レーベル】ジャンプコミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 魔喰のリース 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

“魔法”をきっかけとして起こる事件は、犯人逮捕が非常に困難で難事件として扱われていた。そんな中、とある事件を追う王宮捜査官・アンネは魔力を喰うことが出来る青年・リースと出会い、様々な怪事件に挑んでいく――!! 『魔法』と『謎解き』、異色のクライムファンタジー開幕!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 藤原規代/一寸法師と姫の恋


一寸法師と姫の恋 1 (花とゆめコミックス)

■【オススメ】昔の記憶を持った少年が懸想する「姫」のために尽くしていくお話。 ・・・ええと、「ぼくの地球を守って」みたいな感じですかね。

お嬢様学校に通うヒロインは惣菜屋でコロッケ売りのアルバイト。気立てよく、よく働くが、 バイト代を手に難しい顔。同級生に、制服着たままアルバイトなんで学校の質が疑われる、 と嫌味を言われる中でも彼女は、こんなんじゃ全然足りない、と。実はお嬢様育ちで元女優だった母親が、 連帯保証人が失踪したために1億円の借金を背負ってしまっており、家も抵当に 入っているのだった。


金に困り、キャッチの男と関わったところで、少年が助けに入る。彼は10歳の小学生 なのだが、実はヒロインに会うために戻ってきた。以前、彼女の家にも家族で来たことがあり、 その彼が借金を肩代わりするかわりに、ヒロインを嫁にもらいたいのだと。彼女は その昔の彼を思い出す。しかし彼は彼女に、もっと思い出して欲しいことがあった。 それは、前世の記憶。


ああ、前世ものか、と思うが、題名のとおり更にひねっていて、彼は一寸法師であったのか、 そしてヒロインは当時一寸と暮らした姫の生まれ変わりであるらしい、という話。 一寸法師は望み願いを小槌を振れば叶えられる。というか、小槌のほうで 一寸法師に願いを唱えよと誘導している、という具合にとことんツイストした設定。 俯瞰して見ると、なんでこんな話になっているんだ?という無駄な部分も多いが、 エピソードは小気味よく展開しており読んでいる最中は特に気にならず。


願いを叶えるには小槌を振ればいい、のだが少年はそうかんたんには振らない。 一方小槌の側は振らせたい。願いを叶えることに伴うギブアンドテイクの 本質は何だろう?と思っていると、それは巻末に明らかになる。なるほど、 そういうことなのか。・・・その割に過去を覚えているのは少年のほうであるのは どういうことなのかな、という疑問も湧いてきたが、これは続刊で解決されるのだろうか。


続刊 2巻が刊行されたが電子版はまだの様子。待ってます・・・→一寸法師と姫の恋 2 (花とゆめCOMICS)


【データ】
藤原規代 (ふじわらきよ)
一寸法師と姫の恋
【発行元/発売元】白泉社 (2017/1/20) 【レーベル】花とゆめコミックス 【発行日】2017(平成29)年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 一寸法師と姫の恋 1 (花とゆめコミックス)

一億円の借金の肩代わりに10歳の少年・将の許嫁となった高校生・咲姫。咲姫を「姫」と呼ぶ、将の目的は…!?


■当サイトの著者他作品レビュー
藤原規代/【急募】村長さん
藤原規代/お嫁にいけない!
藤原規代/アラクレ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 オザキアキラ/ふしぎの国の有栖川さん


ふしぎの国の有栖川さん 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

■【オススメ】箱入り娘と完璧な少年とのスロウな恋。 少女漫画らしい少女漫画。

大事に大事に育てられたヒロイン。 おじいさんが過保護に育て、おじいちゃんっ子 に育ったこともあり、プライベートの過ごしかたが 殆ど老後。門限18時で恋愛に対する心構えも まるでなし。「どのみち今の私に恋なんてムリだもの 現実的には考えられないわ」 そんな彼女が委員会で下校が遅くなり門限に間に合わないと駆け込んだ 電車で、締まりかけたドアを支えてくれる男子と出会った。


箱入りで純なヒロインだが、女子校では一人ポツンではなくお友達がいる。 その友達の画策で合コンに参加させられることになり、 そこで件の男子と再会。カラオケで固まっている彼女を彼は外に連れ出す。 「乗り気がない人らがいたら場がシラけてあいつらに悪いでしょ」 という言い分で、 必ずしも彼女を助けるだけの行動ではなかったところが凄い。 自分も帰りたかったということもあるようだが、 まぁ、完璧な男の子である。そんな彼が、ヒロインの素の態度に どうやら少し興味を示す。


通学の電車が一緒の二人のようで、それからもちょいちょいと遭遇し、 そこに友達が居合わせることで転がり、二人の時間が長くなり、 交流が深まるという塩梅。ヒロインのほうはほぼ恋心なのだが、 純なのでその気持ちを否定する、というか半ば気づいていない。 純朴だからね。一方で男子のほうは、どこまで彼女に興味があるのか。 彼女を見守るような存在で、これは、少女漫画ならでは。


ヒロインに裏も表もないので、話を展開するには 彼のキャラクターが深掘りされるしかないのだが、 彼に隠されたエピソードがあるのかないのか、 ないのであればこれはまぁ完全に少女漫画のための人物造形だなぁと思いつつ、 ヒロインの心の揺れ具合だけでも十分に面白い。


2巻の電子版はまもなく発売予定→ふしぎの国の有栖川さん 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)


【データ】
オザキアキラ
ふしぎの国の有栖川さん
【発行元/発売元】集英社 (2017/1/25) 【レーベル】マーガレットコミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ふしぎの国の有栖川さん 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

和風ピュア女子×完全男子のやんごとなき恋物語。 お祖父さんに大切に育てられた有栖川鈴は、趣味は落語で門限6時。恋愛には超鈍感という古風な女の子に。鈴は電車の中で男女問わず人気のある野宮くんと出会います。いつもやさしく接してくれる野宮くんに終始アタフタ気味の鈴。ずっと見ていたいふたりの物語をお楽しみあれ。



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 まさゆみ/バンディセブン


バンディセブン 1 (BUNCH COMICS)

■【オススメ】 世紀末、異能者とそのマスターのバディもの。なんでもありなので面白い。

荒れた世界。カルト革命団体の爆破テロを防いだのが主人公二人。 そんなことは誰も知らないだろう、とダイニングで話しているなかで、 食い逃げする男、それを阻止するためナイフを投げ即死させる店主、 外での撃ち合いの流れ弾が飛び込む店内。ちなみに革命団の主張は、 人類を平和と平等に導く、というもの。それを「正気の沙汰じゃねぇな/ 人の本質を否定なんざするから神の怒りを買ったんだこの狂信者共は!」 と揶揄する客、その客にコーヒーをかけてしまうウェイトレス。 その揉め事に乱入する主人公の片割れ。店の外で彼はいともかんたんに 因縁をつけていた客をあしらう。と思いきや、因縁をつけられていた ウェイトレスが今度は彼にナイフを向ける。


彼は「神の使徒(みつかい)」 と呼ばれる存在らしい。特殊な能力を持つ異能者。 その異能者と人間がバディとなって動き、依頼を片付ける仕組みであるらしい。 一言でいえば、世紀末ものダークファンタジー。弱肉強食の世界。 その設定は皮肉が効いている。 この世界は狂ってる、というのは正しい。が、人は奪われてはいけない、 と主張する人々が爆破テロをしようとする点で、 やはりどこかがおかしい。


この世界では

結局は「奪い盗る」しかないんだよ/自らの思想・・・・・・自分の居場所を 確立するにはね/別の何かの思想や居場所を「奪う」に他ならないんだ
と。それはもう、そういう世界であるのだと。
何処にも居場所がないなら何処だって居場所に出来る
まぁサバイバルしていくには、そう考えるしかない。


資本主義で民主主義な社会にも皮肉な言葉を主人公が吐く。 そのせいで完全に思考停止に陥った。 嘘を信じる振りがうまかった、その結果、 偽善と格差が 世界を覆った、と。


文明が後退している社会のようで、クルマやコンピュータは 特別な贅沢品であるという。 異能者自体もどうやらロストテクノロジーの末裔であるようで、 つまりは科学で作られた人間兵器であるらしい。 そんな世界の話で、超能力も出てくるので、話の自由度は高い。 しかも主人公たちの所属する会社の中でもあれやこれや。 上司は肝っ玉の据わった人だが、それを狙う者もおり、 その糸を引いているのが誰か、というところで巻またぎ。


絵は正直言って読みづらいのだが、 世界観は面白い。 なんでもありな分、寧ろ話の構成は難しいと思うのだが、 読みやすい切り取り方でエピソードを描いている。 無法地帯のように見えてそうでもないという設定が おそらく上手く効いているのだろう。 続刊の展開は難しそうだが、これで ますます加速するようなら、どこまでもついていきます。


【データ】
まさゆみ
バンディセブン
【発行元/発売元】新潮社 (2017/6/9) 【レーベル】BUNCH COMICS 【発行日】2017(平成29)年6月9日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ バンディセブン 1 (BUNCH COMICS)

行き過ぎた資本主義と格差の果てに滅亡した世界が舞台。そこは「己の欲するままに奪う」ことが最も尊いとされる終末世界。そんな無法地帯で屍体からミサイルまでなんでも扱うブローカー業を営むロクサンとヒューゴのコンビは今日も金の匂いとトラブルの罠に誘われて旧ルート66を疾駆する。最強のバディが巻き起こす異色ダーティーファンタジー!


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 おにお/熊西美術部らふすけ先輩


熊西美術部らふすけ先輩(1) (講談社コミックス)

■【オススメ】 ヤンキーなヒロインが美術部の部室では 主導権を握られて・・・という一芸もの。 焦らしのエロティシズムを感じさせる、 という点でオススメ。

意を決して部室に入っていく女子。彼女を 先輩と呼ぶ男子は、「今から2時間動かないでね〜」と 彼女にポージングをお願いする。


絵を描かれるうちにその視線にゾクゾクし、 筆のタッチにゾクゾクする、という、 なんかエロティックな話になっていくが、 男子は真剣であるし、別に女子もヌードになったり するわけでもなく、描写的には年齢制限の かかるような部分はなし。


基本的には出落ち系の、女の子が絵のモデルを しているだけの話だが、ヒロインの心情が ぐるぐるしていく妄想の様は回数を重ねていっても 面白い。


【データ】
おにお
熊西美術部らふすけ先輩
【発行元/発売元】講談社 (2017/6/9) 【レーベル】少年マガジンコミックス 【発行日】2017(平成29)年6月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 熊西美術部らふすけ先輩(1) (講談社コミックス)
禁断の放課後美術部コメディ! おにおワールド全開!! 「大熊西高校」の個性的すぎる面々……。 恵先輩は今日も恥ずかしい……。
放課後のひっそりとした部室でおずおずとポーズをとるヤンキー娘。普段は強気な彼女が画家の前ではなんだかムズムズ。絵筆をとる後輩の視線がどうにもこうにもこそばゆい……。じんわりきちゃう美術部コメディ。いま恥じらいのヴィーナス誕生。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 西島黎/うそつきは初恋のはじまり


うそつきは初恋のはじまり(1) (講談社コミックス)

■【オススメ】地味な女の子がきちんとしたら可愛く、 という昔ながらの少女漫画の王道が少年マガジンコミックスでリリース されているミスマッチに意義がある。のかもしれない。

琥珀、という名の女の子がヒロイン。遺跡や考古学が好きな地味キャラ。 そんな彼女には双子の妹が。妹は可愛くて人気もの。そんな妹と 彼女は似ても似つかない、ように見えるが考古学友達と大学の 講義に潜り込む際に、学生に見えるようにメイクしてみたら、 やはり双子だけあって瓜二つ。そしてその帰り道、 妹の彼氏に妹と誤解されて呼び止められるのだった。


この作品が面白いのは、この話で少年漫画だというところだろう。 絵も少女漫画風。とはいえ少女漫画として読めばちょいと線が太いし雑ではある。 そして話も、主人公が地味子が大変身とか、妹が可愛いが性格も悪いといか、 ギャグとしてしか成立しなくなった設定に基づいている。


その一方で、妹の彼氏はかなり謎なキャラクターで、 気遣いできるが腰軽というか、途中でヤリチンの噂が出て来るので、 まぁそういうタイプ。女子が定型で枠に閉じ込めたフラットキャラであるのに対して 男子の造形が大胆というかいい加減なのは、少年漫画らしいといえるかもしれない。


男の子に翻弄され、デートにつきあわされキスされた主人公が 女の子として目覚めていく、という話はしかし生々しい。 これを少年漫画のフレームで描けるのか?という疑問はあるが・・・。


続刊が6/9に刊行されました→うそつきは初恋のはじまり(2) (講談社コミックス)


【データ】
西島黎 (にしじまれい)
うそつきは初恋のはじまり
【発行元/発売元】講談社 (2017/3/9) 【レーベル】少年マガジンコミックス 【発行日】2017(平成29)年3月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ うそつきは初恋のはじまり(1) (講談社コミックス)

あの日のキスが、忘れられないの!! 恋愛センス皆無女子×いじわる腹黒系王子のキケンな恋の行方は!? ウソからはじまる、化石ガールの略奪(!?)シンデレラストーリー!
時野こはく。地味系JK。化石と遺跡だけが友達。ある日、ふとした事情で妹(美少女)と瓜二つの格好に変装して街に出たこはくは、妹のカレシ・小國くんとバッタリ遭遇! そして2人は奇妙なデートを始めることになり……!!?


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 タアモ/地球のおわりは恋のはじまり


地球のおわりは恋のはじまり(1) (KC デザート)

■【オススメ】ネガティブ少女が同じクラスになった 美少年に力を得て一歩足を先に踏み出そうとするお話。

双子だがあまり似ていない姉妹。妹は誰が見ても可愛く、 そして性格も良い。そんな妹の影に隠れる形で、 好きになった人も妹になびいてしまう。


そうして、 運なんてプラスマイナスゼロなんだ、なので プラスがあったら必ずマイナスが起こってしまう、 そうして相殺してくれないと世界が終わってしまう・・・ という持論の持ち主になってしまったヒロインのお話。


そんな彼女が通い始めた高校で綺麗な男子に出会い、 同じクラスになった彼がアプローチしてくるという 展開の漫画である。かつて二人は出会ったことがある、 という王道。彼は彼女を運命の人と思っている。


一方で王道でないのは主人公の引っ込み思案具合。 いいことがあると悪いことがなくてはならない、 ということで、蔑まれたりするとそれでプラマイゼロにできた とほっとするという、マゾなんだかそうでないんだかという 性格設定は独特である。


彼女も含めて、なにかつっかえ、ひっかかっている ものがある登場人物が、先に進もうとする話。 とりあえずヒロインにフォーカスしているが、 ヒロインの問題はたぶん大したことのないもので、 それが相対化されるのも、この話が普通に見えて 普通ではない理由の一つだろうか。


レビューしているとばかり思っていたら抜け落ちていたようなので 新刊リリースを機に補遺。→地球のおわりは恋のはじまり(4) (KC デザート)


【データ】
タアモ
地球のおわりは恋のはじまり
【発行元/発売元】講談社 (2016/4/13) 【レーベル】KCデザート 【発行日】2016年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 地球のおわりは恋のはじまり(1) (KC デザート)

かわいい双子の妹と比較され「じゃない方」扱いを受けてきた柳瀬真昼。だから「いいことがあっても悪いことが起こる」と人生に期待せずに生きてきた。でも高校入学早々、謎のイケメン里見蒼が急接近! しかも告白!?「だめだ、こんないいことばかりじゃ地球が滅ぶ」――累計170万部以上の『たいようのいえ』タアモ最新作は王道初恋ストーリー!恋に踏み出せないネガ少女と×押せ押せイケメンの追いつ追われつラブ開幕です!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 タアモ/アシさん
【オススメ】 タアモ/たいようのいえ
【オススメ】野島伸司、タアモ/スヌスムムリクの恋人
【オススメ】 タアモ/ライフル少女
■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/311PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM