【オススメ】 北川恵海、鈴木有布子/ちょっと今から仕事やめてくる


ちょっと今から仕事やめてくる (MFコミックス フラッパーシリーズ)

■【オススメ】パターン化したものの組み合わせだが、 ファンタジーに逃げないストーリーと、 辛気臭くならない絵との相乗効果で魅力的な一冊に。

主人公はまだ社会人一年生。入社してわかったのは 嘘ばっかりの会社説明会。サービス残業ばかり増え、 上司はパワハラ傾向あり。憂鬱な気持ちでホームの端で、 眠くなってきた、「このまま眠ったらホームに落ちるんだろうか/ そうしたら明日会社に行かなくてすむかな」 そう思ったところで、「ひさしぶりやな」と手を引っ張られた。


小学校以来だな、というその明るい顔をした人物に連れられて 一緒に飲み屋へ。誰だっけ?こんなやつだっけ?と思いつつ、 こんなに笑ったの就職してから初めてかも、というぐらい楽しく、 よくつるむようになる。


基本的に佳作は、小さなエピソードと大きなストーリーの両輪 で展開していく。本作の場合、主人公の働きぶりが一番小さなエピソード、 それを彼の勤める会社の同僚というやや外側の話があり、 その外側に彼に声をかけた人物の話がある。それぞれのパーツは類型的 であるのだが、組み合わせかたというか重層かげんが上手。 彼に声をかけた人物が何者なのか、というところに謎をかけ、 ファンタジーな話なのかと思わせつつ、そこに納得のいく理由をつけて 現実に着地させた仕掛けは見事である。


一方で労働に関する話も現実的なアドバイスが混ざっており面白い。 営業なら「ネクタイの色もっと明るく」 「なにかを説明するとき普段の1.5倍ゆっくり話せ」テレビのまともなニュース番組は これを踏襲しているが、大人は相手の話が理解できなくてももう一回とは 言い出せないから、という説明が素晴らしい。「相手をほめるチャンスがあれば なんでもほめろ」「こっちの話聞いてもらうために相手の話を聞く」などなど。


それで成績が上向きになったあとの会社のブラックぶりは、 サル山の中のことしか考えない猿という感じで、 でもこれって日本の世の中全体で、野党とか宗教とかマスコミとかネットとかで 見かける内部での序列をめぐる足の引っ張り合いに近い。 本作では主人公は決断し、結果的に彼が選ぶのは、ブラック企業云々以前に そういう働き方から遠い場所を切り開く道である。それもそれでブラックな 部分がありそうな職なのだがそれを言い出すときりがない、別に天国として 描かれるわけではないのでツッコむところではないのだろう。


良い対応をしてもらったら自身が別のひとにそうした対応をしていくことで おすそ分けを広げていく、というような思想もよろしく、そしてそれを ことさら強調しない作りに好感がもてた。オススメの一冊である。一巻完結なので コミカライズはだいぶ端折っているのかも。 原作はこちら→ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)


【データ】
原作=北川恵海(きたがわえみ)、 著者=鈴木有布子 (すずきゆふこ)
ちょっと今から仕事やめてくる
【発行元/発売元】KADOKAWA / メディアファクトリー (2017/4/22) 【レーベル】MFコミックス フラッパーシリーズ 【発行日】2017(平成29)年4月22日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→ちょっと今から仕事やめてくる (MFコミックス フラッパーシリーズ)

ブラック企業に勤め心身ともに疲弊した青山は、駅で線路に吸い込まれるように倒れかけたところを、「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。元・小学校の同級生という彼の人柄に次第に心を開く青山だが…!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】鈴木有布子/反面王子
【オススメ】 鈴木有布子/星河万山霊草紙
鈴木有布子/キャンディ
【オススメ】 鈴木有布子/歩くんの○○な日々
【オススメ】 鈴木有布子/ゆうまくんのまいにち
有栖川有栖、鈴木有布子/孤島パズル
■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 草川為/今日の婚のダイヤ


今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS)

■【オススメ】可愛さを自覚し生きてきた ヒロインは29歳。結婚したいし理想も高い 彼女は誰と恋をするのか。

ハイスペックな女子であるヒロインだったが、 狙った男は前作で同僚に落とされ、それから5年、 付き合いはしても理想は高く、この人となら、 という人物には巡り合っていない。友人に紹介された 公務員とは二度目のデートで宝くじ売り場に並ぶことになり、 そんな相手は御免こうむると別れるところから話が始まる。


しかしその後出会いはなく、友人からの「あんたいつも理想高すぎ。 結婚したくないの?」とのメッセージが呪いのように付きまとう。 次に彼女が選んだ相手は、まさかの既婚者。理想の結婚を したい彼女には不倫はありえない。一人暮らしもはじめて 吹っ切れた彼女は、今まで自ら出していた可愛さのオーラを抑え、 自然体でいることにする。そんな時、彼女は、また クジの公務員と偶然再会するのだった。


今日の恋のダイヤ 」のレビュー時に触れた続編。電子版がようやく 発売されたのでご紹介。 前作を読んでいたほうが楽しめるが、 ここから読んでも話はわかる。 寧ろ前作から5年後の話である、ということを 飲み込む必要があるので、前作を読んだ後だと戸惑うかもしれない。


前作はきれいな連作短編 オムニバスだったが、本作はその前作で 出てきたふわふわ系女子がまるまる一巻主人公。 その点で前作ほどにかちっとまとまってはいないが、 恋に落ちるだけでなく結婚前から結婚後までを 綴る流れは他にあまり例を見ず、ユニークな作品 となっている。


ただ、結婚から一年後の話は、やや苦しい設定。 不倫してるんじゃないか疑惑を持たせるために 出て来る登場人物が無理やり感がある。とはいえ、 現実には結構ありうる話ではあるのだけれど。 結婚相手はかなり芯がしっかりしているし、 ヒロインもその点ではなかなか頑固なので、 ふらつかない主役にこの手のネタは絡ませづらい。 愛するがゆえの不安、ということをテーマにしたかったのだろうが、 そこはもう少し練り込んで欲しかった。


とはいえ、この作品で描かかれるような時間軸が一冊にまとまった 本は他に読んだ覚えが殆どない。この構成で一冊を仕上げた点 だけでも凄い、と私がこのブログで紹介した作品を すべて【オススメ】としているような著者の信者であることを差し引いても思う。


【データ】
草川為 (くさかわなり)
今日の婚のダイヤ
【発行元/発売元】白泉社 (2016/12/5) 【レーベル】花とゆめコミックス 【発行日】2017(平成29)年3月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS)

ハイスペック&容姿端麗な豊川のぞみ(29)。結婚を意識するのぞみが惹かれたのは、理想とは違う2つ歳上の久慈栄。通称・クジ男。一緒にいるほど見えてきた、のぞみがダイヤよりも、もっとずっと、欲しかったものは…。この人と結婚していいの!?と悩む、カーストトップ女子の結婚、ここにあり!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 草川為/今日の恋のダイヤ
【オススメ】 草川為/世界で一番悪い魔女
【オススメ】 草川為/僕の棺で晩餐を
【オススメ】 草川為/八潮と三雲
【オススメ】 草川為/龍の花わずらい

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 麻生みこと/アレンとドラン


アレンとドラン(1) (Kissコミックス)

■【オススメ】麻生みこと作品にしてはあんまり 跳ねない題材と主人公?と思いつつ、語り口は巧いので するする読んでいくと、いや、ごめんなさい、 さすがに面白く転がっていくのだった。

主人公は片田舎出身、近所のイオンモール的なものの、 その片隅のヴィレッジヴァンガード的な店で育ち、 大学生になり東京へ。単館系映画を 愛するいまどきの若者では 少数派なサブカル女子に育ってしまった。


SNSで同好の士かと思った相手と映画館で待ち合わせれば、 相手はいい年したオッサン。でも興味をもってくれた相手なので、 と思った自己評価の低い彼女の運命やいかに、というところで 薄い壁した家の隣人が初対面で助け舟を出してくれた。


ということで、隣人であるイケメン男子との話に突入。もちろん、 いきなり恋が始まったりはしない。彼女のほうは映画にしか興味がなく、 コミュニケーション能力が低く、自信もない。 一方の彼もサブカル系には興味がない。が、彼は自分のバイトする バーに彼女を誘う。彼は彼女に興味を持っていた。 人として、というか心理学的研究の対象として。どこにもいない 彼女は、面白い観察相手であるのだった。


オタク系サブカル女子の話なんて面白くなるのかな、著者の作品 にしては珍しく転がらないのでは・・・と思いつつ読んでいたが、 ヒロインと正反対に見える男性をバディ的存在に据えて 漫才のようにやりとりをしていく語り口はやっぱり巧い。 そしてそうこうするうちに、実はタフな彼女が自分をさらけ出しつつ 居場所も見つける、という展開になってきて俄然面白みが増してくる。 そんな人間だと見抜いて彼女に注目していたのが隣人の男性、 という時点で彼はある種の神であり理想の男性であるのだが。


孤高系ゆるキャラ、というヒロインの存在と、 その立ち位置を嬉しがる当人の性格は非常に面白い。 漫画を読む人たちに近いキャラクターな気がするが・・・あ、 そうなると近親憎悪的な発想も出てきそう?


なお面白い作品の常として、巻末のスピンオフおまけ漫画もまた 面白い。


【データ】
麻生みこと (あそうみこと)
アレンとドラン
【発行元/発売元】講談社 【レーベル】 【発行日】2017(平成29)年3月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→アレンとドラン(1) (Kissコミックス)

林田(リンダ)は田舎から大学進学に伴い上京して1年。単館映画などのサブカル好きにとっては、それなりに幸せな日々を送る。ところが、ある日、サブカル女子を食いモノにする物知り風おじさんに襲われそうに…。それを救ってくれたのは隣人・江戸川(エドガー)だった!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 麻生みこと/小路花唄
【オススメ】 麻生みこと/ことのは
【オススメ】 麻生みこと/海月と私
【オススメ】 麻生みこと/路地恋花
【オススメ】 麻生みこと/そこをなんとか

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 阿弥陀しずく/からっぽダンス


からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)

■【オススメ】好きになった相手が結婚することを知った不器用な女性が、 年下でストーカー気質の男性と付き合うことになる。

既に完結した作品(からっぽダンス 4 (フィールコミックスFCswing))ですがレビュー漏れだったので今さらですがご紹介。 先輩に呼び出された男性が二人でラーメン屋に、 というところから話が始まる作品は著者が著者だけにBLなのか? と思うわけだが、そうではなく、その店に女性がやってきたことで話が動きはじめる。


先輩は女の子と付き合っても長続きせず振られてばかり。 女心がわからないうえにストーカー気質があるらしい。 ところでそんな彼の職業は、警察官であるという。


一方の女性はクールに見えるがこちらはこの十年ほど 男性とおつきあいもしておらず、いま派遣で勤めている会社 で気になる男性にアプローチしようとしたところで その人が結婚寸前であると知る。しかもそのことは周知のことで 気づかなかったのは自分くらい。そんな彼女に彼はアプローチするのだった。


ああ、失恋直後の人にアプローチするのは正しいよね、と 思いつつ。割れ鍋に綴じ蓋なのか、微妙にすれ違いつつ、 ストレートな物言いをする二人は案外とよいコンビに見える。 加えて彼女はアイドルファン。行きがかり上、 彼女は彼をコンサートに連れて行く、という展開で、 なんだこの話?普通の作劇と全然違うぞ?と思い始める。 このズレ具合が素敵。


オーソドックスな恋愛マンガであれば二人の関係だけに フォーカスしがちだが、そういう話はもう既にありふれている。 そんななかで本作のように 生活のディテールが描きこまれている作品は、 ひと味ちがう面白さを感じさせる。


話の作り方としては狂言回し的に存在する後輩の男性の存在が オカシイというか都合が良すぎるのだけれど、まぁ、それはそれとして。 ドルヲタ話としては ひうらさとる/ホタルノヒカリ SP というのもあるのだけれど、あれはちょっと深いところに行き過ぎて なんだかわからない話になってきているので・・・。物語の展開上、 限界ってのはあるよね・・・。


【データ】
阿弥陀しずく (あみだしずく)
からっぽダンス
【初出情報】FEEL YOUNG(2014年) 【発行元/発売元】祥伝社 (2015/1/24) 【発行日】2015(平成27)年1月24日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)

久我慎一郎(くがしんいちろう)24歳、警察官。惚れちまったらストーカー。惚れる→追いかけ回す→フラれるの3連コンボを繰り返すストーカー警官・久我が出会ったのは片想いに破れたばかりの美人OL・月島(つきしま)さん。さっそく近づきデートに誘ってみたら、彼女に連れて行かれたのは女だらけの東京ドーム。そして爆音と共に始まったのは男性アイドルのコンサートで──!? ストーカー警官(ポリス)と! ドルオタ残念美人の! じれっじれのラブコメ!! 同時発売ほのぼのBL新定番まんが『こんなはずでは』との連動小話も掲載!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 鷹野久/骨董猫屋


骨董猫屋 (ねこぱんちコミックス ねこの奇本)

■【オススメ】5年ほど前の作品を集めた単行本のようだが、 え、なんで今まで出なかったの?これ、と思ってしまう一冊。 喋る猫が可愛く格好いい。

骨董屋を覗いた少女はぬいぐるみかアンティークの置物か、 猫が気になって入ってみる。生きてるみたい、と思ったら、それは本物の猫だった。


猫アレルギーがあるという少女が、その骨董屋の猫には反応せずじんましんが出なかった。 ちなみにその猫は、人の言葉を解して喋る。っていうか二足歩行で自分でお茶も入れて持ってくる。あまつさえ茶を自身も飲んでいる。猫舌じゃないんかな・・・。


で、少女は猫アレルギーにまつわる過去を持っており、それはトラウマになっていたのだが、骨董屋の猫の尽力により誤解は解けてトラウマ解消、というお話。その展開なら彼女が骨董屋の常連となって物語が繋がっていく、というのが普通だと思うのだが。勿体無い。


表題作のほかも読後感の良いものばかり。表題作以外のほうがファンタジー色は濃いかな。全作品に猫が登場。猫好きでファンタジー好きなら可愛いと思うだろう作品集なのでオススメ。


【データ】
鷹野久 (たかのひさ)
骨董猫屋 (こっとうねこや)
【初出情報】ねこぱんち(2011〜2012年) 【発行元/発売元】少年画報社 (2016/12/12) 【発行日】2016(平成28)年発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→骨董猫屋 (ねこぱんちコミックス ねこの奇本)
心に傷を抱える少女がふと立ち寄った骨董屋。中にはしゃべる猫のぼんてんと店主が…人と猫の絆をつなぐちょっと不思議な物語!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 鷹野久/向ヒ兎堂日記

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 優/さよなら、またね。


さよなら、またね。 (IDコミックス)

■【オススメ】 絶品。お値段の価値はある、優しい作品集。

フルカラーの短編作品集。表紙は まるで幽霊がやってきたように見るが、 冒頭の作品はまさにその通り。 ただし、その姿はヒロインが昔、クラスメイトの 似顔絵として描いたものだった。


甘酸っぱい作品を、ちょっと昔な雰囲気もある 可愛らしい絵柄と水彩画風な色合いで描く、 絵本のような一品。


前半はファンタジー風味だが後半は飛躍した設定なし。 ただし全編通して切ない話。とはいえ死を扱い泣きを誘う ようなものは一つ程度。ちょっとした寂しさはあるが、 表題作どおり「さよなら」しつつも「またね」と言うような類の、 甘い思い出の残るサヨナラが基本。さよならどころか出会いの話 も一話入り込んでいて、でもそれが作品集にバリエーションをもたせ バランスのとれた一冊に仕上がっている。


おまけ漫画も素晴らしい。可愛らしい一冊で、 紙で1296円、キンドルで972円しますが、 乙女チックなものが好きな人にはオススメ。


【データ】
優 (ゆう)
さよなら、またね。
【発行元/発売元】一迅社 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→さよなら、またね。 (IDコミックス)
絵は、今も描いていますか? 私が寄せ書きに似顔絵を描いた篠原くん。 難しい病気にかかってしまった君に、私はテキトーな絵を描きました。 ひょろりと背が高くて、猫背で、めったに学校に来ないから、 「透明人間」って言われてた君が、化けて出てくるなんてね。 切なくてほろ苦い思い出をつづった表題作『さよなら、またね。』の他、 大好きな先生の為にウエディングドレスを試着する『なつのいと』。 中学の時、つけられたアザがいつまでも消えない『きずあと』など、 美しいイラストで紡がれた、切なくて懐かしいフルカラー作品集です。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 穂積/僕のジョバンニ


僕のジョバンニ 1 (フラワーコミックスアルファ)

■【オススメ】言葉が、声が、呪縛を呼ぶ。深く分かり合えるものを欲し、 しかしそれが痛みとなる二人の話。

海に近い田舎町。地主だった祖父が入れこんで色々と 買い込んだこともありチェロに打ち込む少年。東京の大会 で受賞するも同学年ではチェロがヴァイオリンと区別のつかない者 ばかり。浪人生である兄もチェロをかつて演奏していたが、 ある時期に辞めてしまった。


そんなときにおきた海難事故。唯一助かったのは主人公と同世代の男子。 ハーフである彼を一時引き取ったのは主人公の家。彼はチェロの音を聴き、 その声が自分を海から呼んだのだ、と言う。


主人公は、チェロを理解してくれる人を求めた。事故にあった少年は、 そんな主人公に、「お前に俺の人生をやるよ/俺は生涯お前の友でいよう」と誓う。

俺だけはお前を裏切らない/この先何があってもお前を孤独にはしない
格好いい!というセリフではある。しかし共依存ではあるのかもしれない。


そして話はどうやら、もっと皮肉で凶暴だ。一家に迎え入れられた少年は、 主人公の教えでチェロを上達していく。そんな彼らの技術を客観視する 人物も登場し、ある意味絶望的なエピソードでもって一巻が締まる。


これは何を描きたい作品なのか、という点では疑問符が浮かぶのだが、 一巻の巻末に向けてのまくり方はゾクっとくるものがあった。 上手い。というか、よく練られている。このような良質の作品を読むことが 出来るのは喜びである。というかこれは 天才と凡才の物語だとすると「 さよならソルシエ 」の同工異曲なのだろうか。


【データ】
穂積 (ほずみ)
僕のジョバンニ
【初出情報】flowers(2016年) 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】flowersフラワーコミックスα 【発行日】2016(平成28)年12月14日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 僕のジョバンニ 1 (フラワーコミックスアルファ)
チェロの音が紡ぐ、天才と凡才の物語
海難事故に遭い、暗い海原を漂い、死の淵にあった郁未。彼を岸まで導いたのは、鉄雄が弾くチェロの”音色”だった--。
鉄雄の家で暮らすようになった郁未に、鉄雄がチェロを教え始めたことで、少年たちの未来が大きく動き始めたーー!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 穂積/うせもの宿
【オススメ】 穂積/さよならソルシエ
【オススメ】 穂積/式の前日

■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/22PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM