映画『ミックス。』


●映画『ミックス。

おセンチな部分が邪魔、もっとスピーディに展開できたら傑作になっただろうに、などいろいろ言いたいことはあるが、面白かった。基本的には、ガッキーかわいい、瑛太かっこいい、という映画。

母親に強制され卓球をやってきて、そこそこの実績は残すもそこそこ止まりだった少女は母の死とともに卓球にサヨウナラ。それから15年、不器用ながら普通にOLをやってきたが、昔から気になっていた天才卓球少年が人気選手として自社の卓球部に所属。彼とおつきあいすることになり、幸せの絶頂だったが、彼は新たに入部した女子選手とミックスダブルスを組むことになり、それはプライベートにも波及して、そこでヒロインは退職して実家に戻る。

そんな彼女のリベンジ話、だが周囲の人物も含めた皆の再生の話になっている。きちんと向き合えば報われる、という話なのは良いと思う。割り切れ、振り切れ、というメッセージは、正しい。

上手だな、と思ったのはツイスト部分。障害のように見えて実は障害ではない、という設定はハーレクイン同様。勘違いをうまく組み込み、観客にバラすことなくディレクションしていったのは、それが物語の本筋ではないからこそ許された手法で、話の筋を複数走らせたゆえのメリットだろう。


『幕が上がる』

幕が上がる 』 平田オリザ原作、本広克行監督と、下手なことになっている危険性もなくはないのではないか、と危惧していたが、ふつうに良い映画で安心した。アイドル映画というよりも青春映画。赤・黄・緑推しには良い映画、しかし桃・紫ファンにはどうだろう。

演劇部を通して描く少女の成長譚。主演のさおり=百田夏菜子が悩んで育つ様にフォーカスした話で、見やすい。一方で、主人公自身もそうだが、他の人物は掘り下げが殆どない。だからこそ物語をじっくり描く余地が生まれていて結果的には良いのだけれど、演目自体は当然部分的に摘んで見せるほかないことも相まって、話の展開の唐突さ、佳作なんだけれど物足りない、という気分になってしまう。

しかし、演技は自然で、百田夏菜子は凄い。ちなみに予告編の部分は本編にもあるが、そういう内容ではない。そもそも最初に燃やそうとしている台本にサマータイム〜ならぬウィンタータイムマシーンブルースとかなんとか書いてあるように小ネタ満載。しかしそれが小ネタで終わってしまっているのは、本編を侵食せず崩さないで済んだ一方で、カルトな作品になることを放棄してしまった。軽快なコントのようなスピーディなやりとりの部分も、一部あるだけで、それを膨らました映画とはならなかった。れにちゃんの役は一番存在感がなかったが、これは本当は卒業する先輩にあてるべきだったのではないか。とはいえその役はれにちゃんでは荷が重いか・・・。本作は多分にももクロメンバー5人の本質を活かすという要素も前提にあっただろうから、れにちゃんが空気になってしまうのは致し方ないところかもしれない。


『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』

●連れの要望で映画館で『 劇場版PSYCHO-PASS サイコパス 』を見る。 コミカライズの一巻を読み 、SF設定は評価しつつも、ヒロインのキャラクターはどうなのだ?と評していたが、なるほど、彼女の存在意義は、本作を見てわかった。

日本の実写映画は見るに値しないものが多く、評判のよいものも、それはちまちました作品が多くて、未来を描くハードSFなんてものはもはや存在しない。しかし日本のアニメにはそうした作品が数多く存在し、レベルの高い話が展開されている。

本作もそうした一つで、システムの話がテーマである。システムにより守られた社会が良いのか、そのシステムに人間は挑むべきなのか、という内容を設定しつつ、答えは出さない。そもそもヒロイン自体が、システムの中でシステムを守る仕事をしながら疑問も抱いている。そして、システムはそうした彼女を、システム後の社会を見据えてなのか、厚遇しているように見える。

ヒロインのような微妙な立場で揺れながら、揺れたままの人物を描くということは、おそらく欧米社会ではできない。その場合、未熟なモラトリアムとしてしか描くことができず、そうでない描き方をしようとすれば、ピーターパンのようなトリックスター的立ち位置に置くことになってしまう。宗教や信仰によりアイデンティティが支えられている社会では、それが邪魔をしてしまう。なので欧米人にとっては本作のヒロインのような人物は、何か、わけがわからないものになるだろう。そう考えると「攻殻機動隊」の草薙素子を彼らはどう描くつもりなのか、不安になる。あの存在の微妙さを、欧米社会はおそらく許容しないのではないか。

なお本作では、システムだけを取り入れたふりをして、実際はごまかして運用していた社会が舞台になっている。最終的には、利用しようとした側はシステムが整備された時点でパージされ、しかし、そうした段取りで整備されたシステムもヒロインの指摘を受け入れ人民の声を聞くことにする。・・・中国人が見たら、どういう感想を抱くのだろう、と思う話でございました。


| 1/1PAGES |

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM