安藤なつみ/私たちはどうかしている


私たちはどうかしている(1) (BE・LOVEコミックス)

■老舗の和菓子屋を舞台にした 欲望と復讐の物語。ドロドロした話をスピード感を持って描く。

老舗の和菓子屋に住み込みで働くことになった母子。 一人息子ともなかよくなったが、 旦那さまが死亡、それに母が関与しているとされて 彼女たちは店を去った。


それから15年。子供だった女性は、和菓子職人に。 しかし職場に、母親が人殺しだ、というメールが送られ、 解雇される。そんな彼女に、見知らぬ男が持ってきたのは、 母からだという遺言。そして常連の依頼から、 結婚式の引き出物を賭けて、かつて住み込んでいた 和菓子屋と対決することにする。


スケール感の大きいような、その割に矮小化されているような、 読む分には面白いのだが評価するとなるとちと厳しくなる 類いの作品。母親の処遇がどうなったのか微妙であるし、 ヒロインに遺言届ける人物は誰って話であるし、 そしてその後の展開はもっと意味不明。 いきなり結婚を持ちかけられ、結婚式をぶち壊す。 これを、 スピーディな展開で強引に読ませていく。


しかしいまどき和菓子屋なんて舞台にしてどうするのか、 という思うのだが、作中でも経営うまくいっていないという ことは明言されてはいる。とはいえ探偵のいない金田一耕助もの という感じの雰囲気で、それは一体出口があるのか。


話がやや幼いことを気にせずに呑み込めるのなら、 楽しめるだろうサスペンスものである。すでに4巻まで発売済→私たちはどうかしている(4) (BE・LOVEコミックス)


【データ】
安藤なつみ
私たちはどうかしている
【発行元/発売元】講談社 (2017/4/13) 【レーベル】BE LOVE KC 【発行日】2017(平成29)年4月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 私たちはどうかしている(1) (BE・LOVEコミックス)
七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。二人は和菓子の腕を競って対決することに。七桜の人生を狂わせた椿。その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。七桜をかつて幼なじみとだは気づいていない椿。思いもよらない言葉に七桜は!?


■当サイトの著者他作品レビュー
安藤なつみ/ハイジと山男
安藤なつみ/ワルツのお時間
小林深雪、安藤なつみ/キッチンのお姫さま

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM