小川亮/私人警察


私人警察(1) (マンガボックスコミックス)

■ストーカー逮捕専門の探偵というか元警察官の話。 主人公に背負わせた物語が大きすぎるので 話がどんどん膨張していくが、その方向だと 普通の警察ものと変わらなくなるような気がするのだが。

いわゆる地下アイドルの女の子。ストーカー被害を 警察に相談していたのだが、反応は芳しくなく。 そこで「ストーカー捕まえます」の看板を掲げ、 私人逮捕を繰り返す元警察官に依頼をする。


このストーカースイーパー業の元警察官が 主人公。彼がそうした仕事をするにあたり、 家族をストーカーに殺され、なので 恨みがあり、復讐のためにやっているのだ、 という設定を用意したのは丁寧ではあるが、 重すぎる。


レーベルは少年マガジンコミックスなのだが、 実際はマンガボックス作品のようで、 途中途中の場面が少年誌のそれではなく、 描写はさすがに抑制されているが 性的にも暴力的にも青年誌寄りなハードな代物。 というのもちょっとどうなのかと思いもする。


そして話は、主人公の設定を活かすべく、 異常な殺人者との対立話に。 あれ?そういう方向に進むのか。 内容としては面白いのだけれども、 結構よくあるタイプの話に収斂していってしまうような。


ストーカー掃除屋として飄々とした内容に したほうが新奇性があったような気がしますが。 続刊発売済→私人警察(2) (マンガボックスコミックス)


【データ】
小川亮 (おがわりょう)
私人警察
【発行元/発売元】講談社 (2017/10/6) 【レーベル】少年マガジンコミックス 【発行日】2017(平成29)年10月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→私人警察(1) (マンガボックスコミックス)
元警察官・麻木蓮二。妻子をストーカーに殺された経験から、ストーカー逮捕のみを目的に生きるようになる。目的遂行のためならどんな犠牲も構わない! 変態ストーカー専門の“警察を越えた警察”!! 常識破りの“ノンポリス”アクション!!


■当サイトの著者他作品レビュー
大部慧史、小川亮/赤橙

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM