【オススメ】 杉谷庄吾【人間プラモ】/映画大好きポンポさん


映画大好きポンポさん (MFC ジーンピクシブシリーズ)

■【オススメ】映画の愛に溢れる、元気の出る作品。

こちらも一巻完結ながら マンガ大賞2018ノミネート 作品。アニメ製作会社で深夜アニメの企画として 作ったものを漫画にして公開してみた、という 経緯からして珍しい。


内容は、先に紹介した 森田るい「我らコンタクティ」 同様、スーパーマン的な能力のある人の話である。 一巻完結で疾走感ある読み応え抜群の話に仕立てるには、 ある程度のチートというか事前準備が必要、ということか。 なにせ、大プロデューサーの孫がヒロインで、映画的な素養と 人脈とカネがある。でも作る映画はわかりやすいB級もの。 でもそうした映画できっちりと感動させる。


これは、映画とか物作りに興味がない人は、肩透かしにあった 感じになるのだろうなぁと思う。すべて持っている人の話じゃないか、と。 一応主人公は新人のアシスタント・プロデューサーではある。 ただ彼もお膳立てされているので成功が確実視されてるじゃないか、 的な。いや、お膳立てされた中で、作品を発表するほうが しんどいんだってば。主人公は、成功させなきゃいけない、 と八方美人になりかける。でも、そこで、自分が見せたいたったひとり のために作るべし、とアドバイスを受け、原点に立ち返る。 そのアドバイスで作れてしまうのが才能ではあるのだが。 そんな才能ある主人公だが、彼は自分には映画しかない、 と思い込んで追い込んでいるのだ。


という具合に、物語としてもよくできている。 これを面白く感じないというのは、ルーティンの中でベストを尽くす、 突き抜けた良いものを作る、ということに興味がないってことなのかもしれない。ちなみに本作は、各登場人物に好きな3本の映画をあげさせている。 これは、何を選ぶかが、自己紹介になっている。まぁSNSのプロフィール欄と同じですかね。シネフィルだとより楽しめる仕掛けになっている。 映画を知らなくても解説ページがあるのは親切。


私の場合、就職活動時に言っていた好きな映画3本は、 『トゥルー・ロマンス』に『ワイルド・アット・ハート』に 『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』、 愛すべきバカ映画という括りでした。映画館を出て来る時の気分は たぶん同じになる映画じゃないですかね。トニー・スコットというかクエンティン・タランティーノ 、デヴィッド・リンチ、アキ・カウリスマキそれぞれ好きですが、本作は他とは毛色がやや違うのもまた良いところです。


で。本作は、1シーンを撮るために映画を作っているのだ、 というのが話の中心なので、なので、あのカラーページに 共感共鳴できれば、それでもう成功、っていう構成なんだと思う。 まぁ漫画とか本とかっていうのは映画とは違う感じもするが、 一巻完結本を買うのは映画見るのと近いのかな。


【データ】
杉谷庄吾【人間プラモ】
映画大好きポンポさん
【発行元/発売元】KADOKAWA / メディアファクトリー (2017/8/26) 【発行日】2017(平成29)年月日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→ 映画大好きポンポさん (MFC ジーンピクシブシリーズ)

ポンポさんは敏腕映画プロデューサー。映画の都ニャリウッドで日夜映画製作に明け暮れていた。ある日アシスタントの“映画の虫”ジーンはポンポさんから突然「この脚本は君に撮ってもらうから」と監督に指名され!?



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM