【オススメ】 美代マチ子/ぶっきんぐ!!


ぶっきんぐ!!(1) (裏少年サンデーコミックス)

■【オススメ】美大卒の女の子が残念な書店でアルバイトを始める。 書店にもまだやれることがあるのかもしれない。

美大を出たがアートをやりたくて、でも仲の良かった同級生は 普通に就職。いつまでも夢見てたってしょうがないのよ、 と言われたヒロインは、自分が何者でもないことに直面したくなかった。 そんな彼女がシャーペンの芯を求めに出かけたところで、 ここにもあるかも、と立ち寄ったのが寂れた書店だった。


時代は2006年という設定。品揃えの悪い本屋、親から押し付けられて やる気のない店長。そこでヒロインは行きがかり上バイトすることになる。 小さい書店は取次も相手にしてくれないし配本もない、 という状態から、それでもヒロインはやる気を出して頑張ろうとする。 書店のポップで自分の美術力を発揮すればいいじゃないか、と。


「人の手が一回入るだけで見知らぬ本を手に取る可能性がぐんと上がる気がする」というヒロインのモノローグは、けだし名言。鍛金のしおりをおまけにつけたり、神保町の神田村で仕入れたり、地元出身の作家にサイン会をお願いしたり。 そんなエピソードを経つつ、店長もやる気になったところで巻またぎとなる。


書店が厳しいのは特徴がないからで、その店に行って買うべき理由が あれば生き残ることはできる、はず。実際頑張っている本屋もないではない。 ただその特徴が儲けに繋がっている必要はあるが。 自分の周りを見渡すと、昔から通ったことのある店では 駅前の一軒が健在。近隣の商店街に一店。ただし駅向こうの商店街は 長らく書店レスだったところ最近できた書店がすぐに閉店。 とはいえ、ちょっと足を伸ばした商店街では地元の書店が2,3店 営業中という、特殊な地域なのかもしれない。レコード屋はもうないし、 レンタルビデオ屋も消えたことを考えると、本屋はまだしぶといほうである。


ところで、この作品は書店がどうこうということもあるが、 自分は必要とされている、居場所がある、と思いたい人が ジタバタする話、というのが主軸である。 それがベースにあるから、読んでいて面白いのだろう。 しかしこれ、12年前の話、ということで、 この後どうなるのかな、というのはややどきどきではある。


【データ】
美代マチ子 (みよまちこ)
ぶっきんぐ!!
【初出情報】裏サンデー(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/1/19) 【レーベル】裏少年サンデーコミックス 【発行日】2018(平成30)年1月24日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ぶっきんぐ!!(1) (裏少年サンデーコミックス)
元書店員が描く心温まる小さな本屋さん物語
今から12年前、美大を卒業し人生迷走中の大國かの子は老舗小型書店・光林堂で働くことに。「一年後には街一番の本屋さんにしてみせます!」書店業界にとって激動の転換期となったスマホ登場前夜の2006年とはどんな年だったのか? とある小さな場所から、時代のうねりに元気と熱き想いで立ち向かう、骨太の痛快お仕事ドラマ!!“書店の力を信じてる。”



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM