松林悟/ロリコンフェニックス

ロリコンフェニックス 1 (1) (コミック) 松林 悟

小学5年生の少女、未亜ちゃん。容姿端麗、 おしとやか、人当たり良く、お金持ちのお嬢様、 時折見せるドジな一面。そんな少女は、 ロリコンの方々に有名で、ベスト・オブ・少女にも 選ばれるほど。もちろん本人はそんなこと知らないが。 そんな彼女のことを見守るのは26歳ニート。 少女はふだん車で送り迎えされるのだが、 その車が故障でこれないと知った彼は、 変質者から護ろうとボディガードを進言する。 ゴクラクチョウのマスクに上半身ハダカ、半ズボンにサスペンダーという 姿で登場した彼=フェニックスに、当然少女は逃げ回るが、 割と状況になれやすい彼女と気が付くと親しくなって。 その後は彼女をめがけてやってくるロリータ好きの 軍団と、正義の味方を自称するフェニックスとが 戦いを繰り広げる。

ありえない設定とありえない展開で描かれるしょーもないマンガ。 おまえが変質者だ、というつっこみもあるがそれがオチではないという 素敵なお話。 ニートにはこういう生き方もあるじゃん!と思わせる内容である。 主人公に対抗するのは金持ちであり、持つ者と持たざる者という 格差社会を告発した話でもある。少女というか幼女は ニートと仲良くすべき、それで社会の問題の多くは解決する、 そんなことを高らかに謳う一品である。

わけがない。

ロリータ少女だけ出すのではなくてそれを見ている ロリコンな男性を同時に画面に出してみたのは なかなかにヤバい試み。

■続刊購入する?→★★★
まぁ後はどこまで暴走するかって話ですが、 もう結構暴走しちゃっているしねぇ。

【帯】 ヤバい・・・、ヤバいぞこのマンガは BY 古賀亮一 『ニニンがシノブ伝』『ゲノム』

変な人とかわいい女の子が生き生きしてる漫画はいい漫画だと思います  古賀亮一

【裏表紙】 日々凶悪化の一途を辿る、少女を狙った犯罪の数々・・・・・・。 こうしている間にも少女のかわいい笑顔が涙に濡れていく・・・・・・。 少女を守るのは誰だ? オレしかいない! ゴクラクチョウの仮面をかぶり、今1人のニートが立ち上がった! 非倫理ハイテンションコメディ!!

松林悟 (まつばやしさとる)
ロリコンフェニックス → ビーケーワンで購入 , アマゾンで購入

掲載=月刊ドラゴンエイジ(富士見書房刊)2006年6月号〜11月号

富士見書房/角川グループパブリッシング
角川コミックスドラゴンJr.
2007(平成19)年2月1日初版発行
定価=580円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM