こしのりょう/Ns'あおい those days

Ns’あおい those days 上 (1) (コミック) こしの りょう

ドラマにもなった「ナースあおい」の、 その前日譚。本編でも話にのぼる エピソードを時系列に沿って肉付けしたもの。 母が亡くなり、自活するために看護師を目指し 専門学校に入り寮へ。しかしそれは成り行きで選んだ 進路で仕事がしたくて決めたわけではない。 なのでなんで自分はこんなことを、との葛藤が生まれる。 そこはどうにか乗り越え、国家試験に合格、 そして救命救急センターに配属される。

ここまでが前編。この話の場合、アナザーストーリーというよりも 本編の前段階で、本編に繋がるまでを描くので、 このあとどうなるという興味は、本編読者にはない。 その点で本編読者にはあまり必要ではないが、まぁファンは読むよね。

一方、ここから読み始めた読者にとって、本作は本編に直結する内容であり、 おそらくは本編を読みたいと思う終わりかたとなっているのだろうから、 良い中押しとなるのだろう。上下巻同時発売。本編最新12巻は2月23日に出る。

内容は、適度な青臭さと適度な医療現場の現実の見せ方で、 「ブラックジャックによろしく」には辟易という人には是非という作品である。 あそこまでのハッタリきかせた見栄を切った絵はないので、 落ち着いて読むことが出来る。

当初はやりたいことが見つからなかったヒロインだが、 看護師として生きていくんだと思ったところで態度が変わり 身が入る。救急に行くんだと決意したところで成績があがる。 自分の道を見つけることが大事という内容になっており、 やるべきことがわかったら努力するという姿勢と、適性もわかる。

まぁ、「あれ?こんなヘタレだったっけっか?」と 思いながら読んでいた部分もあるのだが、 全体通してみるときちんと流れは合っている、と思う。 思うが・・・ 本編読まなくなって久しいしな、あんまり覚えてないや考えてみれば。

病院に行ったときに患者としてのアナタと接するのは医師ですか? との問いかけは「ブラックジャックによろしく」がありながら 「Ns'あおい」もモーニングに載っていた明快な答えでもあるのでしょう。 まぁBJは余所に移籍していきましたがね。 いいんじゃないですか、去る者は追わずで。

■続刊購入する?→★★★
ここから読むひとに向けた内容になっているので未読者は安心して 手に取ってよいでしょう。本編に興味があるが未読のかたはまずこれから。

【帯】 "看護する野獣"(作者談)も、恋をしてたのです。 看護師・美空あおいの高校〜新人看護士時代を描く 特別編! 巻末にドラマ『Ns’あおい 』主演・石原さとみ と作者の対談を収録! Ns’(ナース)あおいを読んだことなくてもガツンと面白い!
こしのりょう
Ns’あおい those days (ナースあおい ゾーズ・デイズ) → ビーケーワンで購入 , アマゾンで購入

掲載=モーニング2006年25号〜35号

講談社
モーニングKC 1563
2007(平成19)年1月23日第1刷発行
定価=524円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM