川崎ヒロユキ×COM/元祖はっぴぃセブン

元祖はっぴぃセブン (VOLUME1) (コミック) 川崎 ヒロユキ, COM

主人公は線路に降り電車が接近してきたところを、女の子に助けられる。自殺と思われ怒られる主人公、しかし自身にはまるで記憶がなく。

女の子たちは七福神もうでを薦める。彼女たちの実態は、七福神の変化であるはっぴいセブン。悪しき神のとりついた人間に七福神まいりを薦め、その信心によって彼女たちは力を得て疫病神を追い払う。

女の子の姿をした神様が、という話だが、七福神ということで数が増殖しているのがまずポイント。主人公がまがつ神に執拗に追い回されるので神様と出会い助けてもらうのが自然な展開であるのもポイント。加えて、まがつ神が除去されると当事者ははっぴいセブンのことを忘れてしまう、というのは小ネタだが、はっぴいセブンなのに6人で一人欠けていること、主人公のなかに別の人格がいてそれが姿を現してくる、という重層的な設定は見事。たたみかける展開は面白い。

七福神と数が多いことで女の子にバリエーションがあり、さらに、神として変化すると普段とは違う変化が現れるとして日常のキャラクターと正反対になるという設定でさらに倍。 魅力倍増。表裏を描くことのできる設定は実に上手。

前にマンガで読んだものは、その上澄み液だったわけですね・・・こちらは見事なできばえです。

【帯】 あなたに福をもたらす女神です!!悪しき神々を相手に、 6人の“はっぴぃセブン”が大活躍!

【裏表紙】 不幸のズンドコ生活を送る少年・ 阿川菊之介(あがわきくのすけ)には、 禍ツ神と呼ばれる悪しき神が取り憑いていた。 そんな菊之介の前に七福神の神霊力し、禍ツ神と 戦う美少女集団「はっぴぃセブン」が現れる。 彼女たちは禍ツ神を倒し、菊之介を救うことができるのか!?

原作=川崎ヒロユキ(かわさきひろゆき)、 作画=COM (コム)
元祖はっぴぃセブン(がんそはっぴぃせぶん) → ビーケーワンで購入 , アマゾンで購入

掲載=月刊COMIC RUSH 2006年9月号〜2007年2月号

ジャイブ
CR COMICS
2007(平成19)年2月15日初版発行
定価=562円+税

著者の他作品(過去記事)→ 川崎ヒロユキ、COM/学園はっぴぃセブン



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM