桐原いづみ/白雪ぱにみくす!

白雪ぱにみくす! 1 (1) (BLADE COMICS) (コミック) 桐原 いづみ

霊感の強い妹は、友達だ、と言って他の者には見えないものと話している。 そんな感じの人生なのでクラスでは当然浮いているが、 自分自身を偽ることなく強く生きている。 そんな妹をありのままに受け入れている心優しい兄。 この2人のもとに現れた梟。このフクロウに導かれ彼らは鏡の向こうの世界へ。 そこには、恋愛経験が必要として望ましい相手が来るまで、と 母親によって眠りにつかされていた白雪姫が。少年のキスで目覚めた白雪。 このふたりはいがみあいながらも魔法の効力により離れられず、 その能力はやがて周りを引き込み、騒動は大きくなっていく。

主人公の少年が災難にあう巻き込まれ型コメディ。 少年の妹はなんでも事態をのみこみ受容する順応力の強い前向きなタイプ。 コメディパートは彼女を起点にネタが飛躍する。 少年の恋愛相手である姫はクールなお嬢、ツンデレ気味でもありこれは 昨今の典型的なヒロイン像ではある。おつきのふくろうが話を 要所要所で補って物語を形作っていく。

無理なくテンポの良いファンタスティック・ラブコメ・・・ なのだと思うが、終盤新キャラクターが投入されこれがまた凄い設定で 話が思い切り動きます。

巻頭のピンナップイラストは、また絶妙な感じですね・・・

ライトノベル系な空気感があるが、まとまりはよいです。

【帯】 全ての人類よ、下僕にするぞ! キスで目覚めちゃったのは凶暴プリンセス白雪。 白雪様の横暴で悪辣でちょっぴり愛らしい、日々の軌跡をここに!

現代に目覚めてしまった、攻撃的プリンセス白雪!! 魔界を追い出された姫様が始めたのは、現代での下僕集め!! 高校に通ったり、霊界に行ったり、鏡を通り抜けたりしながら、 姫様のセカンドライフが始まったのでした。

桐原いづみ (きりはらいづみ)
白雪ぱにみくす! (しらゆきぱにみくす!) → ビーケーワンで購入 , アマゾンで購入

掲載=隔月刊コミックブレイドMASAMUNE 2006年春号〜秋号、2007年冬号〜春号

マッグガーデン
BLADE COMICS
2007(平成19)年8月10日初版発行
定価=562円+税

著者の他作品(過去記事)→ 桐原いづみ/ひとひら



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM