【オススメ】 京極夏彦、志水アキ/魍魎の匣

魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC) (コミック) 京極 夏彦 (著), 志水 アキ (イラスト)

■ 【オススメ】 うーん、面白いんだかどうなんだか正直ここまでだと わからないんだけど・・・

戦後間もない、昭和20年代後半。 母子家庭でクラスでも蔑まれていた少女に、 優しく声を掛けてきた同級生の美少女。 二人は仲を通わせるが、最終列車で 夜の湖に行き、そこに映る月を見よう、 と計画したその日、美少女は駅のホームから 電車に向かって落ちてしまう。

彼女は瀕死だが死んではおらず、 病院に運ばれる。電車に乗り合わせていた刑事 は混乱のなか事件に関わることに。その刑事が憧れていた 元女優も絡み、さらには刑事の知人である作家、 その作家の知り合いの女性編集者、その編集者の兄で作家の 友人である陰陽師・京極堂も・・・関わってくるはずなのだが この時点では名前しか出ておらず一巻では巻末のおまけカット のみの出演。 ハコにまつわるエピソードは、ハコにぴたっとはまった女、いや、 人形と、それにとらわれ、探し求める人物、というものが 所々に挿入されている。

原作を知らないものには興味深い作品ではあるが、 しかし、よくよく考えると話らしい話はまるで展開されておらず、 語り口は楽しいが、一巻まるまる無駄話といえなくもない。 あー、だから分厚いのかこの人の小説は・・・ いや、展開しないのも物語の醍醐味ではある。

何かありそうで何もない、何もなさそうで何かある、 話といい雰囲気といい、思わせぶりで、楽しめる。 読み終わった後も楽しいかどうかは存じませんが・・・

■続刊購入する?→★★★★

原作=京極夏彦(きょうごくなつひこ)、 作画=志水アキ (しみずあき)
魍魎の匣 (もうりょうのはこ) → 【 魍魎の匣 (1): コミック&アニメ: 志水アキ | 角川書店・角川グループ , アマゾンで購入 , ビーケーワンで購入

女学生の頼子と加奈子は、ふたりで遠くの湖に行く計画を立てる。その実行の日、加奈子は汽車に跳ねられてしまう。そこに居合わせた木場刑事だが……。大ベストセラー小説『魍魎の匣』がついにコミック化。
掲載=コミック怪 Vol.1、2(2007年8月、11月)

角川書店/角川グループパブリッシング
単行本コミックス
2007(平成19)年12月17日初版発行
定価=560円+税

マンガ一巻読破は、 2005年1月以降に発売された漫画単行本のうち「1巻」表記のある 作品を網羅してレビューするサイトです。◆
RSSリーダーでのご購読にはこちらをご利用下さい



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM