郷力也、末田雄一郎/秘命監察官ドン

秘命監察官ドン
警察の暗部をオブラートに包んで告発している・・・のか?


警察内部の闇を暴き裁く監察官。しかし、町中にある銅像が市民の声を聞くって設定も、それが警察に結びつくとは限らないわけだが、ありゃなんなんだ?


などと真剣にとらえても仕方がない紙芝居。昼行灯(何せ主人公の名前は、昼安堵だ。バカにしすぎ)が実は・・・という只野仁パターン。違うのは、これは警察内部の話で、偉大な力が正義を実行するという勧善懲悪もの。


すっとする、ような気がするが、これが逆にもやもやしてくる。英雄待望論、ヒーローが解決してくれる、裁いてくれる、という発想は、貧困きわまりない。オトナが読むにはあまりにもお粗末。まぁパターンなので、水戸黄門みたいなものと思えばよいのだろう。


カバーの絵が表・裏とも口開けで、それが悪魔というか鬼っぽくて怖い。表紙は実話系週刊誌風。


■続刊購入する?→★


チープ。どうにも不愉快なのは、正義心をベースに作られているからだろうか。ま、ギャグとして読めばいいんだろうけど。

【裏表紙】警察内部を震撼させる憤激の矛盾白書!! 後を絶たない警察不祥事。そのために、命を張って市民を守っている警察官までもが白い目で見られる。警察への市民の信頼を復活させるべく誕生したのが、警察官を取り締まる警察官、秘命監察官ドンである!!

原案・作画:郷力也


脚本:末田雄一郎


秘命監察官ドン


掲載=漫画アクション2004年5月20日号〜2005年3月1日号


双葉社


ACTION COMICS


2005年7月28日第1刷発行


定価=600円+税


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ミナミの帝王 ヤング編 1巻 (1) 天王寺 大 無断で路上販売しているところをヤクザに因縁つけられる。 その事務所に乗り込み暴れて慰謝料まで引き出した少年。 ヤクザがやすいショバ代で命のやりとりまでしない、 と読み切る彼は、入院している母を毎日見舞いに
  • マンガ一巻読破
  • 2006/11/11 4:44 PM

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM