【オススメ】城平京、左有秀、彩崎廉/絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス)
絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス)

■ 【オススメ】 世界を変えようとする組織が暗躍するなか、 それと対抗する人物に主人公たちは手を貸すこと。

主人公の友人は失踪して一ヶ月。それは 家族を殺されたことが原因で、殺した相手を 探していた。目的は当然復讐。一方、 主人公は友人の妹と恋愛関係にあった 。そのことは友人には伝えておらず知られてもいないはず。 その彼女つまり友人の妹は、一ヶ月前に 亡き者ととなっていた。


彼女の、つまり友人の家の墓参りをしたところ、 女性に出会う。彼女は友人を探していたが、 拳銃を出して迫ってくる。そこを救ったのが 久々に出会った友人だった。彼は魔法を使って主人公を救う。


主人公たちの周囲に起きた問題、それを引きずる彼らに対し、 より大きな世界の問題が発生し、それが絡んでくるお話。 世界を守っていた陣営の中でクーデターが置き、 破壊する力を得ようとする者たちが暗躍、 それに唯一対抗できる存在は封じ込まれているが、 主人公たちを使って対策を練る。


そうした話の裏側に、友人の家に起こった事件も 何か必然があるのではないかと匂わせており、 話はなかなかに複雑である。どういう内容なのか、 興味がわく出だしになっており、 きちんと決着がつくのかどうか、 話が入り組みすぎていないかは気になるが、 続刊に期待したい。


■続刊購入する?→ 【買う方向】

【データ】
原作=城平京(しろだいらきょう)、構成=左有秀(さのありひで)、作画=彩崎廉 (さいざきれん)
絶園のテンペスト (ぜつえんのてんぺすと)
【 アマゾンで購入 : 絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス) , ビーケーワンで購入 : 絶園のテンペスト 1 ガンガンコミックス
【帯】 オレが世界を救ってやるよ。「スパイラル 」の原作・城平京、待望の最新作!!

「世の中の関節は外れてしまった。ああ、なんと呪われた因果か、それを直すために生まれついたとは!」 ※「ハムレット 」シェイクスピア 野島秀勝訳 岩波文庫
掲載=月刊少年ガンガン 平成21年8月号〜11月号

スクウェア・エニックス
ガンガンコミックス
2010(平成22)年2月22日初版発行
定価=429円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM