青少年健全育成条例なんて、必要なのか。

東京都、青少年健全育成条例の“漫画・アニメ”新基準で初の不健全図書指定  ということですが。言いたいことは色々あります。今回の事例にとどまらず広げて話をします。

・まず。漫画でどのようなことが描かれようと、実写ものではないので、無理やり行為に及ばせられているような被害者は存在しません。児童ポルノだのと訳が違います。その時点で、犯罪の類とは一線を画します。

・では、被害者がいないならどんなことでも表現して良いのか?たとえば誰かを傷つける名誉毀損的なことはありうるだろうし、読むものを不快にさせることもあるだろう。そういうものを許可して良いのか?答えはただひとつ。表現は許可すべきです。

・何か問題があれば民事であらそえばいいのです。とはいえ民事訴訟のゴールは和解であって、正しい正しくないを決めることではありませんが。勘違いしている人がよくいますが、基本的に民事の裁判は、正義を争う場ではありません。

・とはいえ、表現者は、その責任を負うかぎり、何を言っても構いません。ただし。その意見に対する反論には場を与えるべきであるし真摯に受け止める必要はあるでしょう。なのでたとえばナチス・ドイツを礼賛するようなことや、ユダヤ人差別というものも、表現としては本来認められるべきです。それを法律で規制するなどというのは、暴挙です。ただし、そうした表現を行った人は相応の償いを求められてしかるべきではあります。

・そうした観点からすれば、不健全図書だの有害図書だのということを、公的機関が決めるなんてのは、ナンセンスです。なぜそんなことをしなければならないのか?なぜするのか?それをまず問うべきでしょう。

・風紀を乱す、といった理由で公権力が規制し処罰することが歴史上よくありました。今でもあります。それは、社会の変化を脅威とみなすからでしょう。権力者、というか、既得権益者は、既存の仕組みが継続することを望みます。地球が温暖化するといってなぜあれほど騒ぐのかといえば、そうした既存の仕組みが通用しなくなる可能性があるからです。逆にいえば、目端が利く人や一発逆転、下克上を目指す人などは、変化は大歓迎のはずです。世の中、成功した仕事や会社は、常に、グレーゾーンを歩いたものです。法的には真っ黒ではないがグレーである、なので大企業は手が出せない、そこでベンチャーが勃興しのし上がっていくのです。アップルはそもそも著作権から商標から社名からグレーだったわけだし、グーグルも日本では誕生できなかったわけだし、アマゾンは税金払わないわ、TSUTAYAなんてレンタルレコードからだからグレーもいいところで・・・。

・加えて、こうした規制を実施するには、実施する部署と人員が必要です。そこになぜ金を割いてまで行うのか、といえば、そうでもしないと公務員を雇っておく場所が確保できないから、です。そこに配属されれば、従事するものは仕事をせざるを得ません。とはいえ、業務命令だからするほかなかった、というのは、だったらお前命令されたら人殺すのかよ、という話になります。業務命令でも、まともでない仕事をしたら、するほうも責任に問われるべきです。勿論、業務命令というのがそもそもNGなのですが、そういうことを認識しているボスであれば、こういうバカな職務を仕事に設定しませんから、詮無いことです。

・一方でこうした訳のわからないことを、私的な機関が主張する場合もあります。その圧力あるいは後押しで公的権力が規制に走る場合もよく見ます。その場合、私的な機関は、私的であるだけに、ポジショントークとして行っているにすぎません。その背景には、主張する連中の利益になる要素が隠されています。勿論、目立ちたいから、とか、キチガイなだけ、ということもあります。それも、彼らの利益です。もっと生臭い話はあるでしょう。不思議な私的機関が、どうやって儲けているのか、あるいは背景に誰がいるのか、金主はだれなのか、誰から金をもらっているのか、スポンサーはそのことでどのような利益を得られるのか・・・こうしたことを掘っていくことが重要です。

・日本は、独裁国家ではありません。加えて、宗教に支配されてもいません。キリスト教の支配下にある欧米よりも、もともとはまともな国です。そういう国で、なぜ規制が必要なのか。寧ろ規制がないほうが、文化も、経済も、発展します。せっかく規制がない条件下にあるのに様々なルールを作るのは、バカバカしい限りです。性的な表現の抑制も、本当に必要なのか?を考えるべきでしょう。

・性的に抑制された人ほど性犯罪をおこしがちです。無菌状態で育てられたものは、抵抗力がつきませんので、菌のある世間に出れば脆いでしょう。そもそも。未成年には性的なものを見せてはいけない、みたいなルールは、一体誰が決めたものなのか?逆でしょう?寧ろ未成年にこそ、むやみな性行動に出ないように、ポルノグラフィーを提供すべきなのでは?未成年はそんなもの見ちゃだめだ、ってのは、実際に行為におよべ、ってことですかね?でも、成年になっても相手がいない寂しい人のためのものなんだよポルノは!と強く言われたら、ちょっと悲しくなって納得しちゃいそうですが・・・。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM