2015年のベストセレクション

・2015年もありがとうございました。 レビュー対象を電子書籍にシフトしましたがタイムラグや価格差のない作品もあるため2016年は紙書籍と併行して購入しレビューする形に改めます。電子書籍は資産価値がないので紙書籍より2割以上は安くしてくれないと割が合いません。そのあたり消費者に優しくない考え方の出版社がありますね。そういう会社は極力軽視していきたいと思っております、はい。 また、献本いただけるというお申し出はこれまでお断りしてきたのですが購入漏れも多くありますのでご恵投をありがたく受けることに方針変更いたしました。更にお声がけいただき このマンガがすごい!WEB ならびに このマンガがすごい! 2016 にも参加させていただきました。  マンガに関係ない雑記も敢えて増やしましたが2016年からは日記ベースで、マンガのリリースやセールス情報と同じエントリのなかで処理していこうと思っております。 新年もよろしくお願い致します。
1. 九井諒子/ダンジョン飯
■【オススメ】 内容は、題名通り。クレイジーで超オススメ。 ダンジョンをめぐるファンタジーなのだが、数日に及ぶ冒険であれば食の話もあるだろう、ということで そこにグルメという要素を入れて、というかそこを強調して魔物など架空食材を調理する話に仕立てたところが 異常。こういう異常さが、エンタテインメントには必要なのだろう。
2. 沙村広明/波よ聞いてくれ
■【オススメ】今度こそ間違いなく、人の死なない漫画であるらしい。 その枠ハメの窮屈さからこそ生まれるものがある。 というか確実に面白い。 酔っ払ってくだまいて、その相手がラジオ局の人間で、素人なのにどもらず話がきちんとつながりオチもある主人公の話力に惚れるというお話。 マンガでラジオの話かよ、声も口調もわからねえよ読者は、と思いつつ、その内容が面白いのだから著者は凄い。あ、人が死なない漫画というのは著者があとがきだかで書いていました。信じております。
3. 眉月じゅん/恋は雨上がりのように
■【オススメ】 思春期の甘酸っぱさの、 その背景に挫折があるところが本作の隠し味。 アンニュイなイメージのある女子高生がバイト先のやもめ店長に惚れるという話。惚れた理由がはっきりしている 物語は素敵。現実の恋愛にはそこまでのロジックはないのが普通だろうけど。惚れられる中年店長が戸惑っているのもリアリティがあって、もどかしくも愛おしい話に仕上がっています。
4. カラスマタスク/ノー・ガンズ・ライフ
■【オススメ】ハードボイルド・サイバーパンク!格好良い。 主人公は、頭部が銃になっている人間。そういう人ばかりではないので異色な存在なのだが、 こういうSFらしい作品は昨今少ないので、話題に、人気になってほしい。まぁサイバーパンクの形をかりた ハードボイルドなので、読みやすいと思います。あ、絵は少々読みづらいかも・・・。でもそれを上回る魅力があります。
5. 大沼良太/地獄の教頭
■【オススメ】ハードコア教育漫画。 この教頭、教育界のゴルゴ13。狙った獲物は、逃さない。 教頭は地獄である、と言われるらしいが、この作品はそういう次元の話ではない。教育現場を守るため、彼は汚いことだろうと自分で手を突っ込み処理をしていく。 むちゃくちゃだが格好よい。綺麗事を言う教育者は、結局のところ、汚いところを触らなくてよいお立場だからだろうなとも思ったりする。とはいえここまではやらんでいいです。
6. 青木優/シンギュラー
■【オススメ】楽園はどこか遠くにあるのではない。 そこが楽園と思えば楽園なのだ。 地球滅亡を前に、地球外惑星に転送機で移住するという話。しかし本来は楽園などなく、別の目的でもって人々は人選されていた。という、こちらもSF。ところで、表紙のこの少女の目が、いいんだ。こういうぐっと来る目のキャラクターが出てくる作品はそれだけで引きこまれます。
7. マキヒロチ/吉祥寺だけが住みたい街ですか?
■【オススメ】吉祥寺・イズ・デッド。 不動産屋を舞台にしたマンガはたまにある。 街を描くマンガもある。その組み合わせとして描くのが普通の手法に思うが、 本作の場合は、吉祥寺をベースとしながらも吉祥寺を描かない、東京の街紹介漫画というのが意表をついていて面白い。
8. 安藤ゆき/町田くんの世界
■【オススメ】 この少年は格好良く愛おしい。 要領が悪くて自分自身も自覚している少年が主人公。そんな少年は自覚していない能力があって、 それは天性の人の良さからくる人たらしの能力だった。この人物の造形は、すごい。素晴らしい。
9. 外薗昌也、里見有/蟲姫
■【オススメ】誰もが美人と称する少女。しかし、 主人公にとって彼女に感じるのは、気持ち悪さだった。 マッドな人物が出てくるサイエンス・ミステリ的な側面もあり、 人間に擬態している昆虫に襲われるSFサスペンス的な側面もある。 まぁ、ヴァンパイアものに近いのだろう。 しっかりとした大きな物語が軸にあり、細かな設定が丁寧に作られた話は見事。 気持ち悪さを描く作品であり、その気持ち悪さを美人に抱くところが本作品の肝である。
10. こやまけいこ/かわうその自転車屋さん
■【オススメ】動物擬人化世界を舞台にしながら描くのは自転車話、 という組み合わせの妙。 主人公が坂の上にあるカフェ兼自転車屋に顔をだし、常連になる話。 そこは題名通り、小さなカワウソが店長をしている。 自転車オタクである彼のうんちくを交えた話が綴られていく。これを人間でやる話は結構あるので、動物にしたところがミソ。自転車も、動物のキャラも、手を抜いていないところに好感が持てます。
以下一巻セレクション

1. 有永イネ/鬼さん、どちら
2. 谷和野/魔法自家発電
3. 朔ユキ蔵/帰ってきたサチコさん
4. 安藤ゆき/昏倒少女
5. オノ・ナツメ /子連れ同心
6. カリブsong、田辺剛/サウダージ
7. 都陽子/地下アイドル、職場の男にバレまして
8. ウチヤマユージ/月光
9. はすまる /どすこいダイアリー
10. れのれの/ネットで会って30分で結婚を決めた話

【参考】
月間オススメ
2014年のベストセレクション
2013年のベストセレクション 2013年のベストセレクション(全一巻本)
2012年のベストセレクション
2011年のベストセレクション
2010年のベストセレクション
2009年のベストセレクション
2008年のベストセレクション
2007年のベストセレクション
2006年のベストセレクション



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM