2016年のベストセレクション

・2016年もありがとうございました。紙書籍は結局読む時間がないので電子書籍オンリーに来年は戻します。また、ゴシップ報道の多い文藝春秋と徳間書店、内容に責任を持たないのに偉そうな新聞社各社の本は購入停止、粗製乱造なKADOKAWAは評判次第での購入に変更しました。サイトは閉鎖しない程度には頑張って更新していきます。

1. うめざわしゅん/ピンキーは二度ベルを鳴らす

■【オススメ】裏社会で有名な存在が 自分の行き方を貫くハードボイルドな物語。この設定でコメディ色を一切差し込まなかったストイックさが秀逸。 → ピンキーは二度ベルを鳴らす 1 (ビッグコミックス)
2. 堀尾省太/ゴールデンゴールド

■【オススメ】少女が拾ったものは福の神、なのか? 思い込みが交錯するブラックなコメディ。著者の前作は時空を移動してしまうSF「 刻刻 」。傑作だった同作と方向性は違うが、 こちらもオカルティック。密かに怖い。 → ゴールデンゴールド(1) (モーニングコミックス)
3. 河原和音/素敵な彼氏

■【オススメ】こんなボーイフレンド、いたらそれは最高だろう。結構面倒で薄っぺらそうになってしまう可能性があるヒロインを見事に描いた一作である。オススメ。 いやあ河原氏は上手いね。 → 素敵な彼氏 1 (マーガレットコミックス)
4. 志村志保子/ごちそうは黄昏の帰り道

■【オススメ】勘当された女性が一人暮らしを奮闘中。 そこで彼女は人生を意識的に生きるようになっていく。 この飄々とした感じはかなり好み。特に男性の不器用さは 海野つなみ/逃げるは恥だが役に立つ に似たテイストである。 → ごちそうは黄昏の帰り道 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
5. 犬上すくね/蛇沢課長のM嬢

■【オススメ】有能な営業マンが実はマゾ、それで ご主人様としてロックオンされてしまったヒロインのお話。 話は極上だが、それを超えるのが猫雑誌から出張版の依頼があったというネタで、現実はちょいちょいフィクションを超えるよね・・・。 → 蛇沢課長のM嬢 1 (サンデーGXコミックス)
6. 森下suu/ショートケーキケーキ

■【オススメ】高校生下宿ものだが、主人公の性格といい、 彼女が下宿に至るまでの経緯といい、他の作品とは違うユニークさがあり素晴らしい。 結果的に真の主人公が別に設定されているかのような話になっているのだが、 この作品ではそうしたイレギュラーな展開が綺麗にハマっている。 → ショートケーキケーキ 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
7. 真造圭伍/トーキョーエイリアンブラザーズ

■【オススメ】宇宙人ものか、上手な作家さんは よくやりたがるんだよなぁ、と思いながら読んだが、 兄弟ふたり出してきたところはさすがに巧い。器用な弟に不器用な兄。なぜ兄が送り込まれてきたのか、 その話を一巻巻末のエピソードで読者に公開して 巻またぎ。この構成も素晴らしい。 → トーキョーエイリアンブラザーズ 1 (ビッグコミックス)
8. 鈴木良雄/フルーツ宅配便


■【オススメ】この手の話はこれくらいの 一歩引いた絵で描くのがちょうど良いのかもしれない。 なお宅配のお話ではないので注意。デリヘルのお話です。 → フルーツ宅配便 1 (ビッグコミックス)
9. 馬場翁、輝竜司、かかし朝浩/蜘蛛ですが、なにか?

■【オススメ】トンデモ転生もの。 コミカライズ作品らしいが、これはマンガで読んだほうが面白さ倍増だろう。作画家さんは大変だろうが。 → 蜘蛛ですが、なにか? (1) (カドカワコミックス・エース)
10. 新川直司/さよなら私のクラマー

■【オススメ】まだ期待値込みのオススメではありますが。「四月は君の嘘」も良いが「 さよならフットボール 」 が大好きだった身には、その続編的作品ということで狂喜乱舞の一作。 → さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)
今年の作品ではないので番外の2冊:
相場英雄、中山昌亮/書かずの753

■【オススメ】地方紙の記者はジャーナリストの前にローカリストなのだ。増刊だがビッグコミックオリジナル掲載らしい 大人で硬派な作品。→ 書かずの753(1) (ビッグコミックス)
草川為/世界で一番悪い魔女

■【オススメ】 学者と魔女のバディもの旅物語。 それぞれの人物に課す条件のつけかたが面白い。 草川氏の漫画は大好きです。電子版が紙書籍と同発だといいんだけど・・・ → 世界で一番悪い魔女 1 (花とゆめCOMICS)
以下は一巻完結もののベスト。こちらは旧作も含みます。
1. 岩本ナオ/金の国水の国

■【オススメ】いがみ合う2国で男女が出会う、 素敵だがリアリスティックなお伽話。 → 金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)
2. 津田雅美/十年後、街のどこかで偶然に

■【オススメ】高校から10年後、 再開したオトナのお話。巧い! → 十年後、街のどこかで偶然に
3. 草川為/今日の恋のダイヤ

■【オススメ】人物が軽く繋がる、 恋をめぐる連作短編。著者だけに達者で、 いい読み心地。 → 今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)
4. こがたくう/宇宙のプロフィル

■【オススメ】 最近あまりないSF風味のファンタジー短編集。 → 宇宙のプロフィル (ヤンマガKCスペシャル)
5. 中川貴賀/リメインバッド

■【オススメ】悪徳警官か昔ながらの刑事ものかと 思わせて見事なツイストをかけてくる、 連続殺人犯探しの物語。正直反則技だが、 この構成は見事。絶品。→ リメインバッド (アフタヌーンKC)
6. ウチヤマユージ/よろこびのうた

■【オススメ】 老々介護の無理心中事件を追った記者が知った 真実とは。 素晴らしき逸品。 → よろこびのうた (イブニングコミックス)
7. 成瀬乙彦/ヒュプノス

■【オススメ】 彼の見る悪夢を他にも見ている者がいた。 宇宙人と精神世界で戦うダークファンタジー。 → ヒュプノス (ビッグコミックス)
8. 川辺蛙子/四月馬鹿

■【オススメ】可愛らしい青春ラブコメ。ここで終わってもいいけれど、 続きがあるなら読んでみたい。 → 四月馬鹿 (アクションコミックス)

9. スケラッコ/盆の国

■【オススメ】 霊の見える主人公が、同じ日を何度も何度も繰り返す。 → 盆の国 (torch comics)
10. つばな/ホブゴブリン 魔女とふたり

■【オススメ】夢想が暴走するファンタジー。 →ホブゴブリン 魔女とふたり (バーズコミックス)
【参考】
月間オススメ
2015年のベストセレクション
2014年のベストセレクション
2013年のベストセレクション 2013年のベストセレクション(全一巻本)
2012年のベストセレクション
2011年のベストセレクション
2010年のベストセレクション
2009年のベストセレクション
2008年のベストセレクション
2007年のベストセレクション
2006年のベストセレクション

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM