【オススメ】 阿弥陀しずく/からっぽダンス


からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)

■【オススメ】好きになった相手が結婚することを知った不器用な女性が、 年下でストーカー気質の男性と付き合うことになる。

既に完結した作品(からっぽダンス 4 (フィールコミックスFCswing))ですがレビュー漏れだったので今さらですがご紹介。 先輩に呼び出された男性が二人でラーメン屋に、 というところから話が始まる作品は著者が著者だけにBLなのか? と思うわけだが、そうではなく、その店に女性がやってきたことで話が動きはじめる。


先輩は女の子と付き合っても長続きせず振られてばかり。 女心がわからないうえにストーカー気質があるらしい。 ところでそんな彼の職業は、警察官であるという。


一方の女性はクールに見えるがこちらはこの十年ほど 男性とおつきあいもしておらず、いま派遣で勤めている会社 で気になる男性にアプローチしようとしたところで その人が結婚寸前であると知る。しかもそのことは周知のことで 気づかなかったのは自分くらい。そんな彼女に彼はアプローチするのだった。


ああ、失恋直後の人にアプローチするのは正しいよね、と 思いつつ。割れ鍋に綴じ蓋なのか、微妙にすれ違いつつ、 ストレートな物言いをする二人は案外とよいコンビに見える。 加えて彼女はアイドルファン。行きがかり上、 彼女は彼をコンサートに連れて行く、という展開で、 なんだこの話?普通の作劇と全然違うぞ?と思い始める。 このズレ具合が素敵。


オーソドックスな恋愛マンガであれば二人の関係だけに フォーカスしがちだが、そういう話はもう既にありふれている。 そんななかで本作のように 生活のディテールが描きこまれている作品は、 ひと味ちがう面白さを感じさせる。


話の作り方としては狂言回し的に存在する後輩の男性の存在が オカシイというか都合が良すぎるのだけれど、まぁ、それはそれとして。 ドルヲタ話としては ひうらさとる/ホタルノヒカリ SP というのもあるのだけれど、あれはちょっと深いところに行き過ぎて なんだかわからない話になってきているので・・・。物語の展開上、 限界ってのはあるよね・・・。


【データ】
阿弥陀しずく (あみだしずく)
からっぽダンス
【初出情報】FEEL YOUNG(2014年) 【発行元/発売元】祥伝社 (2015/1/24) 【発行日】2015(平成27)年1月24日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)

久我慎一郎(くがしんいちろう)24歳、警察官。惚れちまったらストーカー。惚れる→追いかけ回す→フラれるの3連コンボを繰り返すストーカー警官・久我が出会ったのは片想いに破れたばかりの美人OL・月島(つきしま)さん。さっそく近づきデートに誘ってみたら、彼女に連れて行かれたのは女だらけの東京ドーム。そして爆音と共に始まったのは男性アイドルのコンサートで──!? ストーカー警官(ポリス)と! ドルオタ残念美人の! じれっじれのラブコメ!! 同時発売ほのぼのBL新定番まんが『こんなはずでは』との連動小話も掲載!



■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM