降本孟/8月のゴースト


8月のゴースト (ビッグコミックススペシャル)

■綺麗ではあるが、出口の設定が微妙なので、 よくある話にとどまってしまった感あり。

一巻完結本。題名と表紙絵に吸引力はありそう。


主人公は作家。ロケットものの取材で島に来たが 転勤族の子だった彼は高校時代に3ヶ月だけ 住んでいたことがあり、来訪は7年ぶり。 そんなこの島には、灯台の白い少女という噂があった。 海辺の灯台に、女の子の霊が出るのだという。 それを聞いた彼は、島にいた当時のことを思い出す。 そしてその場所に向かうのだった。


そこで本当に彼は霊と遭遇する。 そして話は高校時代の思い出と現代を行きつ戻りつ しながら綴られていく。


現代には、自分の昔を知る少女が成長していて、 その子が色々と世話をしてくれる。 女の子は主人公に特別な思いを持っている。 そもそも、彼が囚われている人が、 女の子の姉なのである。


実現できなかった約束を何年か越しに 達成して霊に成仏してもらう、というスタイルの話である。 だが、そうした話はもう数多あるわけで、 ではその中でこの話が何か新しいものを提示できているかというと、 そんな感じはしない。


登場人物の、現在の年齢や姉妹での年齢差など、 話を転がすにはあまり上手くない設定であるように見える。 全体にケータイ小説の残り香があるような仕上がりで、 綺麗な話だけれど安っぽいという印象が残ってしまう。 絵というかアングルのあざとさも含めて、マーケティングの賜物という 感じの商品。


【データ】
降本孟 (ふるもとたける)
8月のゴースト
【初出情報】やわらかスピリッツ(2016年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/3/10) 【レーベル】ビッグスピリッツコミックススペシャル 【発行日】2017(平成29)年3月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→8月のゴースト (ビッグコミックススペシャル)

約束の場所に現れた 真っ白な肌をした少女の霊。 それは7年前に失ったあの子でした。
高校2年生の夏に恋をした 彼女との不思議な再会。 胸の奥にしまいこんだ あの夏休みの続き−−
種子島を舞台に 過去と今が交錯する 眩しく切ない青春ラブストーリー!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM